病弱教育Q&A PART II 新しい就学基準 「自立活動」の事例 「総合的な学習の時間」の事例

病弱教育Q&A PART II

新しい就学基準 「自立活動」の事例 「総合的な学習の時間」の事例

著者名 横田雅史 監修
全国病弱養護学校長会 編著
ISBNコード ISBN4-921124-08-6 C3037 ¥2095E
判型/頁 B5判/336頁
発売日 2002年 6月
定価
障害の程度に関する基準及び就学手続きの見直しに対応した病弱教育のQ&A39例。学習指導要領の展開の中で各学校が大きな課題としている自立活動の事例24例、総合的な学習の時間の事例28例を盛り込んでいます。

  • PART II 発刊にあたって
  • 全国病弱養護学校長会会長 坂田紀行
  • 今年度は、新しい学習指導要領が実施され、完全学校週五日制が開始された年です。
  • 世界情勢が職員室の机上や茶の間のテレビやパソコンにリアルタイムに飛び込んでくる時代です。昨年9月のニューヨークの貿易センタービルに突入する旅客機の出来事は記憶に新しいところです。
  • こうした大きな動きについては、教育界も他人事ではありません。平成13年1月、21世紀の特殊教育の在り方に関する調査研究協力者会議にまとめていただいた「21世紀の特殊教育の在り方について」(最終報告)にありますように、ノーマライゼーションの潮流を受け、一人一人のニーズに応じた特別な支援の在り方についての取り組みも開始されています。
  • 障害の程度に関する基準及び就学手続きの見直しについては「(略)病弱養護学校に就学すべき基準である6か月以上の医療または生活規制が必要との診断がなされなくなってきているなど、医学、科学技術の進歩等により、合致しない面が生じている。(略)医学、科学技術の進歩等を踏まえ、実態に合致するよう教育的、心理学的、医学的な観点から見直すことが必要である」との記述を受け、永年の懸案であった就学基準(22条の3)の見直しが40年振りに行われ、「学校教育法施行令の一部改正について」(通知)(平成14年4月24日付け14文科初第148号)が発出れました。また、「障害のある児童生徒の就学について」(通知)(平成14年5月27日付け14文科初第291号)の発出により、地方分権一括法で失効していた「教育上特別な取扱いを要する児童・生徒の教育措置について」(昭和53年10月6日付け文初特第309号)と「通級による指導の対象とすることが適当な児童生徒について」(平成5年1月28日付け文初特第278号)は廃止されました。
  • この見直しにより、これまで病弱養護学校の対象者の基準にありました「6月以上の医療又は生活規制を必要とする・・・」の「6月以上」が「継続して」と見直されました。
  • このことにより、これまで「6月以上の診断が出ないので」といっていた子供たちも安心して教育を受けることができるようになったのです。また、この度の見直しで、これまでの規定では病弱養護学校に就学しなければならないとされていた子供が、安全に過ごすことができるなど条件が整えば通常の小・中学校に就学(認定就学者)することも可能になりました。したがって、病弱児の就学の選択肢が増えたことになります。もちろん就学先の決定は、市町村教育委員会にその責任がありますが本人や保護者に対し正確な情報を提供したり、本人や保護者の意見を聴く機会を設ける必要があるといったことにも言及されています。
  • 本書は、昨年8月23日に開催された平成13年度病弱養護学校長会大阪大会において発刊した『病弱教育Q&A』に続き、この歴史的な改訂についてのQ&Aと、新学習指導要領の展開の中で各学校が大きな課題としている自立活動と総合的な学習の時間の事例集を盛り込みました。全体の監修はPART I と同様、文部科学省初等中等教育局特別支援教育課特殊教育調査官の横田雅史先生にお願いし、新しい就学基準についてもご指示いただきました。
  • この『病弱教育Q&A PART II 』が病弱教育に関わる皆様に役立つことを切に願っております。
  • 最後に、お忙しい中、原稿をお寄せいただいた執筆者の皆様に心からお礼申し上げます。
  •  
  • 目次
  • 第一章 病弱教育Q&A
  • Q1 就学基準を見直すことになったのはなぜですか
  • Q2 病弱教育の就学基準は、どのように変わったのですか
  • Q3 病弱教育の就学基準について説明してください
  • Q4 病弱・身体虚弱児の就学指導の留意点はどのようなことですか
  • Q5 視覚障害の就学基準はどのように変わったのですか
  • Q6 聴覚障害の就学基準はどのように変わったのですか
  • Q7 知的障害の就学基準はどのように変わったのですか
  • Q8 肢体不自由の就学基準はどのように変わったのですか
  • Q9 転学手続きについて説明してください
  • Q10 就学指導委員会の役割について説明してください
  • Q11 就学指導委員会と病弱教育の関連について説明してください
  • Q12 年度途中の転入生の扱い方について説明してください
  • Q13 病弱児の小学校や中学校への入学の場合について説明してください
  • Q14 前籍校がない児童生徒の病弱養護学校からの転出方法について説明してください
  • Q15 入・退院を繰り返す児童生徒の場合、毎回転学手続きが必要ですか
  • Q16 通学生を受け入れる場合の手続きを説明してください
  • Q17 指導要録の記述方法について説明してください
  • Q18 前籍校との連携の方法について説明してください
  • Q19 前籍校との連携について具体的な実践事例を教えてください
  • Q20 就学指導委員会の相談員の相談の仕方について説明してください
  • Q21 喘息の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q22 腎臓病の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q23 心臓病の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q24 筋ジストロフィーの児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q25 てんかんの児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q26 糖尿病の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q27 白血病の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q28 血友病の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q29 肥満症の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q30 重症心身障害の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q31 心身症の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q32 悪性新生物(腫瘍)の児童生徒の学校での配慮事項について説明してください
  • Q33 心理・社会学的観点からの理解の方法について説明してください
  • Q34 発達状態を把握する方法について具体的に説明してください
  • Q35 病弱児の教育的観点からからの理解の方法について説明してください
  • Q36 病弱児の環境面の把握について説明してください
  • Q37 集団への参加と指示理解の実態を把握する方法について説明してください
  • Q38 個人調査票はどのようなものを作るとよいですか、具体的に説明してください
  • Q39 学校生活管理指導表について説明してください
  • 第二章 実践事例
  • <「自立活動」の事例>
  • 1.健康観察
  • 2.知的発達遅滞児の発声による表出意欲の向上を目指す指導の一試み
  • 〜随意的発声を促す活動を通して〜
  • 3.表現活動 ―演劇・舞踏―
  • 4.腹式呼吸をマスターしよう(「ヒューストン的当て」と「ろうそく吹き消し」)
  • 5.校内オリエンテーリング
  • 6.小学部の自立活動
  • 7.世界に発信 ぼくの・わたしの小学部 〜舞鶴養護学校発〜
  • 8.運動による肥満の改善
  • 9.言葉や表情などで喜びを表現し、自ら進んで活動に取り組む子をめざして
  • 10.風邪について知ろう
  • 11.感覚の活性化を図り自発行動の拡大を引き出す指導
  • 〜歩行能力・手指の操作性の拡大を目指して〜
  • 12.ミニチュア製作「ぼくの家」
  • 13.縄文人に挑戦しよう
  • 14.自分の気持ちを表現できない生徒に対する指導
  • 15.自分の病気について知ろう「糖尿病って?」
  • 16.ボウリングあそび
  • 17.喘息児の自立活動
  • 18.構成的グループ・エンカウンター
  • 19.日記指導とワープロソフト操作の指導を通して
  • 20.追跡ハイキング
  • 21.運動制限のないグループの取り組み
  • 22.人とのかかわりを通して見る力を育てる
  • 23.コンピュータ・ネットワークを活用し、自己効力感をもつ
  • 24.クリスマスの雰囲気を味わう
  • <「総合的な学習の時間」の事例>
  • 1.楽しい一日を作ろう
  • 2.さくら!サクラ!桜! 〜成長したよ わたしたちのさくら〜
  • 3.笊川たんけんたい 〜自然っていいね〜
  • 4.現在・過去・未来
  • 5.ヤドカリ体験隊 ソーミンチャンプルーを作って食べよう
  • 6.マジシャンになろう
  • 7.さつまいもの栽培(小学部4〜6年)
  • 8.「地球を守ろう!」ゴミ問題について知り、自分たちでできることを考え行動する
  • 9.乳幼児との交流
  • 10.ゴミのリサイクルについて
  • 11.知りたい沖縄・知らせたい沖縄
  • 12.自己を見つめ、自信をつける総合的な学習の時間 〜成功させよう「くぬぎ文化祭」〜
  • 13.学校をきれいにしよう 学校ピカピカ大作戦
  • 14.「外国人との交流会」 ―ブラジルの方との交流会―
  • 15.とび出せ浪岡探検隊 ―地域の商店街について考えるテーマ学習―
  • 16.「一関の歴史」の事例
  • 17.手話を学ぼう
  • 18.聾学校との交流会を成功させよう
  • 19.滋賀県のカロムの秘密を調べよう
  • 20.ハッピータイムの取り組み
  • 21.自己の可能性に挑戦する中学3年
  • 22.『アンニョン ハセヨ 韓国!』 ―隣の国韓国を知ろう―
  • 23.野鳥を観察しよう
  • 24.「自分探しの時間」
  • 25.「The TV」蓮養祭にむけて!
  • 26.交通機関のバリアフリー化について
  • 27.「障害(児)者理解」の活動
  • 28.絵本の世界
  • 第三章 資料編
  • ■就学指導資料(抄)
  • 第1章 総論
  • 1.一人一人の教育的ニーズに対応した教育
  • 2.乳幼児期から学校卒業後まで一貫した相談支援体制の整備
  • 3.就学指導の在り方の見直し
  • 4.就学指導を行う上での配慮事項
  • 第2章 障害の特性と就学指導
  • 5.病弱
  • (1)病弱・身体虚弱とは
  • (2)障害の状態の把握
  • (3)就学基準と教育的対応
  • ■関係法令 他
  • 1.学校教育法施行令(抄)(昭和28年政令第340号)
  • 2.学校教育法施行令の一部改正について(通知)
  • 3.障害のある児童生徒の就学について(通知)
  • ■病弱養護学校一覧
  • ■子どもの難病関係団体一覧
  • ■特殊教育就学奨励費補助対象経費一覧
  • ■病弱教育関係資料一覧
  • ■キーワード索引(五十音順)
  • ■執筆者協力者一覧

Series

病弱教育Q&A PART V
病弱教育の視点からの医学事典

2003年 8月発売
本体6,000円+税
病弱教育Q&A PART IV
院内学級 編

2004年 4月発売
本体1,810円+税
病弱教育Q&A PART III
教科等指導 編

2004年 3月発売
本体1,810円+税
病弱教育Q&A PART II
新しい就学基準

2002年 6月発売
本体2,095円+税 [絶版]
病弱教育Q&A PART I
病弱教育の道標

2000年10月(2002年 8月改訂版)発売
本体1,810円+税

新刊書籍

「気になる」子ども
保護者にどう伝える?

2017年 9月13日発売
本体1,700円+税
「困り」解消!
小学校英語ハンドブック

2017年 9月11日発売
本体2,200円+税
職業学科3校合同研究実践事例集
地域と共に進めるキャリア発達支援

2017年 8月24日発売
本体1,800円+税
ハマの大学!
学長のおさらい

2017年 8月21日発売
本体1,650円+税
となりのPTAの実践 このPTAがすごい!
―全国活動事例集―

2017年 8月21日発売
本体2,000円+税
とうきょうist。
 

2017年 8月18日発売
本体600円+税
見ながらできるNMBP
【動画教材・データDVD】

2017年 8月 3日発売
本体2,500円+税
特別支援教育の
アクティブ・ラーニング

2017年 7月28日発売
本体2,200円+税
自閉症教育のあゆみと今後の展望
50年の歴史を振り返って

2017年 7月12日発売
本体2,000円+税
知的障害教育における
生きる力と学力形成のための教科指導

2017年 6月30日発売
本体2,000円+税

パブリシティ情報

2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link