教育オーディオロジーハンドブック 聴覚障害のある子どもたちの「きこえ」の補償と学習指導

教育オーディオロジーハンドブック

聴覚障害のある子どもたちの「きこえ」の補償と学習指導

著者名 監修:大沼 直紀(元筑波技術大学長)
編著:立入 哉(愛媛大学教授) 中瀬 浩一(同志社大学准教授)
ISBNコード ISBN978-4-86371-408-3 C3037
判型/頁 B5判/244頁
発売日 2017年 4月 5日
定価
聴覚障害児の教育機関等で「きこえ」を補償する専門家(教育オーディオロジスト)として知っておきたい基礎的・基本的な事柄を網羅しました。
聴覚障害児の早期発見・早期教育から、幼児・小・中・高校生への指導、高等教育機関での支援方法、関係機関との連携、聴力の測定・評価、補聴器・人工内耳・補聴援助システムの基礎知識まで、我が国における教育オーディオロジーの第一人者たちがわかりやすく解説。聴覚障害教育に携わる教員、関係者の必携書です。

  • 目次
  • 第1章 総論
  • 第1節 教育オーディオロジーの過去・現在・未来
  • 1.聴覚補償の可能性を求めた時代
    2.オーディオロジーの黎明期
    3.オーディオロジーの発展期
    4.日本における教育オーディオロジーの成立
  • 第2節 日本における教育オーディオロジーの歴史
  • 1.1970年代まで
    2.1980年代
    3.1990年代
    4.2000年代
    5.2010年代
  • 第3節 教育オーディオロジーをめぐる諸問題
  • 1.聴覚障害のきこえを知る
    2.聴覚補償・情報保障と合理的配慮
    3.聴覚障害者の教育機関
    4.重度の聴覚障害青年の聴覚活用
    5.人工内耳と聴覚障害教育
    6.バリアフリー・コンフリクトの時代に
  • 第4節 聴能の基礎
  • 1.聴能とは
    2.聴覚活用の基本
    3.分節的情報・超分節的情報と韻律情報
    4.聴能の評価・訓練プログラム
    5.聴覚活用の効果に影響する条件
    6.簡易なきこえのチェック方法「6音」テスト
    7.コミュニケーションのスムーズさを評価する文追唱従検査
    8.テレ・コミュニケーション
    9.聴覚を活用した発音指導
  • 10.ききやすい話し方
  • 第5節 教育オーディオロジストの役割と実践
  • 1.子どもと保護者が初めて聾学校に相談に訪れるとき
    2.補聴器を初めて装用するための準備
    3.補聴器ガイダンス(初めての補聴器の装用)
    4.聴力測定
    5.補聴器の調整
    6.病院との連携
    7.人工内耳
    8.補聴システム
    9.毎日の補聴器・人工内耳のチェック
  • 10.教室のきこえの環境評価
    11.おわりに
  • 第6節 聴覚の整理
  • 聴覚の構造と機能
  • 第7節 きこえにくい子どもの心理
  • 1.言語発達の検査法と視点
    2.語彙の発達
    3.認知発達
    4.メンタルヘルス
    5.自尊感情
    6.アイデンティティ
    7.社会的相互作用
  • 第2章 聴能評価
  • 第1節 乳幼児の鈍音聴力測定:VRAによる気導・骨導聴力の把握
  • 1.はじめに
    2.クロスチェックの原則
    3.VRAとCORの比較
    4.インサートイヤホン
    5.VRAの測定手順
    6.骨導VRA
  • 第2節 補聴器装用閾値測定
  • 1.ファンクショナルゲイン
    2.スピーチレベル
  • 第3節 実耳測定
  • 1.実耳測定とは何か
    2.外耳道は音響共鳴管、外耳道共鳴(REUR)
    3.実耳補聴器装用時特性・実耳補聴器挿入時利得
    4.REIGの評価
    5.軽度・中等度難聴への応用
    6.乳幼児への応用、RECDの利用
    7.おわりに
  • 第4節 ことばのききとり評価(JANT、親族呼称、Matrix)
  • 1.子どものきこえ方“聴能”を知ること
    2.ことばのききとり評価法の例
  • 第5節 聴覚情報処理障害:Auditory Processing Disorder(APD)
  • 1.聴覚情報処理障害とは
    2.評価方法
    3.APDへの支援の在り方
  • 第3章 指導・支援
  • 第1節 早期発見・早期教育
  • 1.徳島県立徳島聴覚支援学校の早期教育システム化
    2.1歳6か月児健康診査時の聴力スクリーニング
    3.新生児聴覚スクリーニング
    4.教育開始年齢と聴覚障害発見の契機の推移
    5.医療機関による先天性難聴の遺伝子診断
  • 第2節 幼児期の聴覚学習
  • 1.聴覚活用の基盤づくりとかかわり
    2.聴覚学習の取組
    3.聴能評価と聴覚学習の関係
    4.主体的で楽しい聴覚学習
    5.きこえない立場を尊重した聴覚学習
    6.聴覚学習(個別)の配慮とポイント
    7.聴覚障害(個別)のすすめ方と実践例
    8.まとめ
  • 第3節 聴覚障害幼児の発達と指導
  • 1.はじめに ―幼児期とはどんな時期か―
    2.聾学校で見られる聴覚障害幼児の発達の姿と指導
    3.聾学校の幼稚部で行われる活動について
    4.保護者支援 ―基本的な考え方―
  • 第4節 学童期の指導・支援
  • 1.コミュニケーション指導 ―訂正方略の活用―
    2.情報を得やすくする環境の調整
    3.教科の特性に配慮した支援
  • 第5節 音楽科の指導と聴覚活用
  • 1.はじめに
    2.聾学校小学部の子どもの実態
    3.音楽の授業をするにあたっての留意点
    4.聴覚活用に配慮した授業の実際
    5.おわりに
  • 第6節 中学・高校生への指導(自立活動)
  • 1.自立活動とは
    2.「自立活動の指導」と特設された「自立活動の時間の指導」
    3.特設された「自立活動の時間の指導」について
    4.今後の課題
  • 第7節 高等教育機関での支援
  • 1.高等教育機関における聴覚障害学生
    2.聴覚障害学生の補聴相談・聴覚的支援
    3.補聴システムの活用支援
    4.障害学生担当職員が担うこと
  • 第8節 聴覚活用と発音・発語学習
  • 1.発音・発語学習における聴覚活用の意義
    2.発音・発語学習における聴覚活用の留意点
    3.学習活動の展開
    4.韻律情報の活用
    5.学級における発音の配慮
    6.おわりに
  • 第9節 聴覚活用と手話
  • 1.聴覚活用と手話
    2.手話と日本語の二言語教育と聴覚活用
    3.育てる言語と教える言語
    4.手話をもとにした日本語習得のモデル
    5.口声模倣と発音
    6.指導・支援の実際
    7.まとめ
  • 第10節 発達障害と教室環境
  • 1.発達障害とは
    2.発達障害ときこえの困難
    3.「スペクトラム」「グレーゾーン」「静かに苦戦している子」
    4.教室環境ときこえの困難
    5.教室内におけるきこえへの支援
  • 第11節 特別支援学校・重複障害
  • 1.重複障害児や特別支援学校を対象とした研究
    2.特別支援学校在籍児の聴覚障害
    3.特別支援学校在籍児の聴力評価
    4.まとめ
  • 第12節 障がい理解授業
  • 1.障がい理解授業の目的
    2.障がい理解授業をすすめる上で大切にしたい3つの視点
    3.舞鶴分校における障がい理解授業の実際
    4.障がい理解授業に取り組む上での留意点として
  • 第13節 他機関との連携
  • 1.連携の意味と意義
    2.徳島県の聴覚障害児を支える医療と教育の連携
    3.徳島県の連携事例
    4.地域の特性を生かした連携
  • 第4章 補聴機器
  • 第1節 補聴器
  • 1.補聴器の役割
    2.補聴器の種類
    3.デジタル補聴器の機能
    4.教育機関における補聴器フィッティング
    5.最近の補聴器
    6.補聴器購入のための助成制度
  • 第2節 人工内耳
  • 1.はじめに
    2.教育現場における人工内耳の現状
    3.人工内耳のしくみ
    4.人工内耳マッピング時の設定パラメータ
    5.人工内耳の(リ)ハビリテーション
    6.人工内耳の効果の評価
    7.人工内耳の保守・管理
    8.関係機関間の連携
    9.今後の課題
  • 10.おわりに
  • 第3節 補聴援助システム
  • 1.補聴援助システムとは
    2.磁気誘導ループシステム
    3.赤外線補聴システム
    4.FM補聴システム
    5.教育現場での活用
    6.効果と留意点

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link