脳と障害児教育 適切な支援への模索

コミュニケーション発達支援シリーズ

脳と障害児教育

適切な支援への模索

著者名 脳と障害児教育編集委員会 加藤俊徳 坂口しおり 編著
ISBNコード ISBN4-921124-45-0 C3037 \3333E
判型/頁 B5判/256頁(カラー)
発売日 2005年 7月
定価
脳画像診断医と養護学校の言語指導担当教諭がそれぞれの見地から、脳画像(MRI画像)を障害児教育に取り入れることの意義を述べ、貴重な実践を紹介しています。教育がもたらした子ども達の変化を脳画像診断で跡づけていくなど、指導方法の進歩・改善の可能性を秘めた画期的な実践。巻末に関連用語集、索引付。

  • ご案内
  • 指導方法の進歩・改善の可能性を秘めた画期的な実践
  • 300点に及ぶ写真、イラスト、図表を掲載し、今までにない取り組みを紹介。用語解説、索引によるわかりやすい構成。障害児教育に携わるすべての教員必読の書です。
  • 特別支援教育のスタートを迎え、これからは教育、医療、保健、福祉、地域が手を携えて子ども達を支援することが求められています。本書は、脳科学を障害児教育に取り入れようとする意欲的な試みであり、画像診断医と養護学校の言語指導担当教諭がそれぞれの見地から脳画像を特別支援教育に取り入れることの意義を述べ、貴重な実践を紹介しています。教育がもたらした変化を画像診断で跡づけていくなど、医師と教員との連携による精度の高い支援が展開されており、連携がキーワードとなる特別支援教育にとって、新たな展望を開くものと言えます。子どもの発達を支援しているすべての関係者にとって、新たな視点を提供する必読の書として推薦いたします。
  • 筑波大学教授 筑波大学特別支援教育研究センター 斎藤佐和
  • 変革が求められる昨今、「医療と教育との連携」「一生を通じた支援」といったことが声を大にして言われ、盲・聾・養護学校でも外部の専門家の導入が推進される時代となりました。新しい障害児教育、支援を作り上げていくのは時間がかかることでありますが、多くの試みがなされていく必要があるでしょう。
  • いちばん大事なことは「誰が支援したか」「どういった支援をしたか」ではなく、子ども達自身にとって「意味のあることだった」ということです。そのような点で、本書で紹介される指導、支援の内容は参考になると思います。医師と教師が、一人の子どもについて対等な立場で話し合ったという点では、稀有な実践と言えるかもしれません。
  • よりよい支援への模索は続いていますが、本書がその大きな流れの中に、一石を投じることになれば幸いです。
  •  
  • 目次
  • 巻頭図解 「脳のしくみ」
  • 第1部 脳画像の基礎知識
  • 第1章 新たな支援に向けて
  • 第2章 脳を理解するために
  • 第1節 脳の構造と働き
  • 第2節 脳の機能の理解
  • 第3節 MRIによる脳機能ルートの診断
  • 第4節 脳の働きの理解
  • 第3章 障害児教育の支援に向けて
  • 第1節 基本的な考え方
  • 第2節 脳機能の支援検査
  • 第4章 脳画像の機能診断の教育的意義
  • 第2部 臨床場面への応用
  • 第1章 これまでの支援の方法と課題
  • 第1節 コミュニケーション評価
  • 第2節 評価から支援へ
  • 第3節 評価の客観性を高める手立て
  • 資料1 支援内容の選択
  • 資料2 インリアル・アプローチとは
  • 第2章 子どもたちからのメッセージ
  • 第1節 臨床像の理解
  • 事例1 目覚ましい発達を見せたAさん
  • 資料3 7ヶ月の乳児とお母さんのやりとり
  • 資料4 絵本の順序とことばの想起
  • 事例2 会話をすることの難しさを教えてくれたBさん
  • 資料5 会話から予想される6歳の子どものイメージする誕生日会
  • 第2節 支援への手がかり
  • 事例3 Cさんへの視機能を高めるための取り組み
  • 事例4 立つことに挑戦したD君
  • 第3節 支援効果の確認
  • 事例5 進行性疾患でありながら発達が認められたEさん
  • 資料6 脳画像と臨床像
  • 第3章 MRI導入の課題
  • 第3部 障害児教育の担うもの
  • 第1章 医療の立場から
  • 第1節 脳画像を教育に生かす
  • 第2節 知的障害の本質
  • 資料7 脳酸素交換機能マッピング法
  • 第2章 教育の立場から
  • 第1節 加藤氏の講演から
  • 第2節 障害児教育から脳科学へ
  • 第3章 マスコミの立場から
  • 第4章 保護者から
  • 第1節 支援を受けて
  • 第2節 講演会に参加して
  • 用語解説

Series

知的障害特別支援学校での
摂食指導と言語指導

2016年10月 9日発売
本体1,400円+税
絵で見ることばと思考の発達
 

2009年 3月発売
本体1,200円+税
コミュニケーション支援入門
 

2007年12月発売
本体1,200円+税
障害の重い子どもの
コミュニケーション評価と目標設定

2006年 8月発売
本体1,238円+税
コミュニケーション支援の世界
 

2006年 3月発売
本体1,619円+税
脳と障害児教育
 

2005年 7月発売
本体3,333円+税 [絶版]

新刊書籍

高等学校における特別支援学校の
分校・分教室 全国の実践事例23

2017年10月 5日発売
本体2,400円+税
「気になる」子ども
保護者にどう伝える?

2017年 9月13日発売
本体1,700円+税
「困り」解消!
小学校英語ハンドブック

2017年 9月11日発売
本体2,200円+税
職業学科3校合同研究実践事例集
地域と共に進めるキャリア発達支援

2017年 8月24日発売
本体1,800円+税
ハマの大学!
学長のおさらい

2017年 8月21日発売
本体1,650円+税
となりのPTAの実践 このPTAがすごい!
―全国活動事例集―

2017年 8月21日発売
本体2,000円+税
とうきょうist。
 

2017年 8月18日発売
本体600円+税
見ながらできるNMBP
【動画教材・データDVD】

2017年 8月 3日発売
本体2,500円+税
特別支援教育の
アクティブ・ラーニング

2017年 7月28日発売
本体2,200円+税
自閉症教育のあゆみと今後の展望
50年の歴史を振り返って

2017年 7月12日発売
本体2,000円+税

パブリシティ情報

2017/09/28
北海道新聞2017.9.23朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link