特別支援教育におけるコミュニケーション支援

特別支援教育におけるコミュニケーション支援

AACから情報教育まで

著者名 「特別支援教育におけるコミュニケーション支援」編集委員会
(マジカルトイボックス・チャレンジキッズ研究会) 編著
ISBNコード ISBN4-921124-39-6 C3037 \1714E
判型/頁 B5判/258頁
発売日 2005年 4月
定価
「障がいが重くてもコミュニケーションしているはず。何とかそれを豊かにできないだろうか」。日々の実践で子どもたちの世界を広げようと様々な工夫が凝らされている。本書はAT(支援技術)やAAC(拡大代替コミュニケーション)、ICT(情報コミュニケーション技術)などを活用した実践を、より多くの方に紹介したいとの思いから編集されました。コミュニケーションの基礎に関わる指導から、インターネットなどの高度な情報通信技術を利用した障害のある子どもたちへの指導まで、様々な教育実践事例を豊富に掲載。

  • ご案内
  • 「特別支援教育にかかわる多くの方々に読んでいただきたいと思います」「推薦します」
  • 全国特殊学校長会 岸本啓吉 会長
  • 全国知的障害養護学校PTA連合会 日暮高久 会長
  • 全国肢体不自由養護学校PTA連合会 木村知鶴 会長
  • 全国病弱虚弱教育学校PTA連合会 越川 年 会長
  • 推薦の言葉
  • 障害児教育の真髄は、個々の子どもに対応することにあります。そのために、コミュニケーションや学習に際して、テクノロジーを応用することは、誰にも受け入れられてきました。おもちゃからコンピュータにいたるまで、教材教具はさまざま工夫されて使われています。10年くらい前からネットワークによる子ども同士の対話も実践されています。本書は学校現場の実践をまとめ、障害のある子どもへの支援という展望を視野に入れています。
  • (兵庫教育大学学校教育研究センター 教授  成田 滋)
  • 自己決定やコミュニケーション能力が障害のある子ども達のこころの自立に不可欠であると言われながら、その具体的な技術を解説する本がこれまでなかった。これは、子どもの自立を願う多くの学校の先生待望の書である。
  • (東京大学先端科学技術研究センター 特任教授  中邑賢龍)
  • 「編集後記」より
  • 「障がいが重くてもコミュニケーションしているはず。何とかそれを豊かにできないだろうか」日々、学校の中で実践している私たちはこんな思いから子どもたちの世界を広げようと工夫しています。この本はそのような思いから、本文に紹介されているようなAT(支援技術)やAAC(拡大代替コミュニケーション)、ICT(情報コミュニケーション技術)などを活用した実践を、多くの教員や保護者に紹介したいとの思いから編集しました。また、編集を進めるうちに、この本が子どもだけでなく、広く成人や高齢者の方たちをも対象にしていると考えるようになりました。関係者・ボランティアの方たちにもぜひ紹介していただきたいと思います。
  • コミュニケーションを豊かにするための技法はこれですべてではありませんが、この本をきっかけに子供たちとのかかわりがより豊かに広がってくれればと願っています。
  •  
  • 目次
  • 第1章 特別支援教育におけるコミュニケーション支援
  • 1.コミュニケーションの指導をどのように考えるか
  • 2.国際生活機能分類から見たコミュニケーション
  • 3.AACという考え方
  • 4.IT(情報技術)とICT(情報コミュニケーション技術)
  • 5.アシスティブ・テクノロジー
  • 6.教育課程での位置づけ
  • 7.アウトリーチの必要性
  • 「コラム」AACやATに取り組む校内体制づくり
  • 第2章 おもちゃから広がるコミュニケーション
  • 第1節 概論編
  • 1.玩具遊びが、個性の存在を実現する
  • 2.重度・重複児と「応答する環境」としての大人
  • 3.重度・重複児と玩具遊び
  • 4.重複児が遊べるためのフィッティングと玩具
  • 5.スイッチの種類
  • 6.スイッチを選ぶときのヒント
  • 7.おもちゃ遊びのための補助機器の紹介
  • 8.ちょっと進んだおもちゃ遊び
  • 9.視力障がい・聴力障がいに配慮した「盲導犬マーク」「うさぎマーク」の玩具
  • 10.障がい児の活動場面でのチェックリスト
  • 第2節 実践編
  • 1.卓上メリーゴーランドで遊ぶことで意思の存在を示したAさん
  • 2.上肢に不随意運動がある子どもの遊び、コミュニケーション等の指導事例
  • 3.簡単なおもちゃを使ったコミュニケーション
  • 4.いっしょにあそぼ!
  • 5.光のボール
  • 6.新幹線のプラレールであそぼう
  • 7.電動おもちゃからはじめるコミュニケーション支援
  • 8.施設内分教室でのA君のとりくみ
  • 9.デジタルカメラを使用した指導
  • 10.「スイッチでポン」の会(おもちゃとスイッチをつなげて遊ぶ会)
  • 第3章 シンボルやVOCAを利用したコミュニケーション
  • 第1節 概論編
  • 1.はじめに
  • 2.安心できる環境を
  • 3.安心できる環境を整えるためにどうするのか
  • 4.わかるように伝えるためにシンボルを使う
  • 5.わかるように伝えてもらうためにシンボルを使う
  • 6.シンボルの種類
  • 7.ハイテクのコミュニケーションエイドVOCA
  • 8.VOCAの種類
  • 9.VOCAを導入する際に
  • 10.コミュニケーション環境を維持するために
  • 11.事例に入る前に
  • 第2節 実践編
  • 1.マカトンサイン・シンボルを導入して能動的なコミュニケーションを引き出す
  • 2.視覚的に支援するときの落とし穴
  • 3.そのスケジュールに異議あり!
  • 4.PICシンボルを使ってエプロンシアター
  • 5.ぼくにだって、発表できるさ!
  • 6.クレーンからカード、VOCAへ
  • 7.VOCAを使って確かな要求実現に
  • 8.共通の話題で話すために
  • 9.カードを使って要求を伝えることができるようにするためのテクニック
  • 10.コミュニケーション環境を維持していくために
  • 第4章 コンピュータを活用したコミュニケーション
  • 第1節 概論編
  • 1.コミュニケーション支援におけるコンピュータの有効性について
  • 2.コンピュータのアクセシビリティについて
  • 第2節 実践編
  • 1.コンピュータの視覚情報を生かしたコミュニケーション
  • 2.ボタン式マウス使用によるパソコン操作環境の自立を目指して
  • 3.手形スイッチとお弁当タッパマウス
  • 4.運動面の障害が重い子どものパソコン利用支援
  • 5.コンピュータを活用した進行性筋ジストロフィー症児のコミュニケーションの広がりと自己効力感の形成
  • 6.キネックスを使う
  • 7.コミュニケーションエイドとしてのOA機器の工夫とその使用
  • 8.脳波スイッチでのコミュニケーション
  • 9.家族との会話を促す電子コミュニケーションボード
  • 第5章 コンピュータを使った学習支援について
  • 第1節 概論編
  • 1.特殊教育におけるコンピュータ活用の意義
  • 2.最近の世の中の流れ
  • 3.海外の特殊教育用教材ソフトウエアの動向
  • 4.日本の特殊教育用教材ソフトウエアの動向
  • 第2節 実践編
  • 1.ビッグ・スイッチで楽しもう!
  • 2.Flashで作る楽しい自主教材!
  • 3.発語を促す「ことばあそびうた」
  • 4.生徒の興味を絵カードに
  • 5.障害児学級でのコンピュータを使ったことばの学習
  • 6.式行事における視覚支援
  • 7.写真を取り入れた簡単な教材で気持ちをかたちに
  • 8.アシスティブ・テクノロジーの利用
  • 9.パソコンを利用したノートテイクの支援
  • 10.基本のソフトとフリーソフトの活用
  • 付録 重複障害のある子どもへのコンピュータ学習
  • 第6章 ネットワークを活用したコミュニケーション
  • 第1節 概論編
  • 1.ネットワークとはコミュニケーションのこと
  • 2.はじめはメールから
  • 3.Webページを活用した情報発信、情報検索
  • 4.テレビ電話を活用した遠隔授業
  • 5.遠隔共同学習の意味
  • 6.チャレンジキッズ
  • 7.教員同士を支えるネットワーク
  • 「コラム」チャレンジキッズ研究会への参加
  • 第2節 実践編
  • <実体験のやりとり>
  • 1.私のダンスから
  • 2.チャレンジキッズでの出会いがもたらした心情の変化
  • 3.「富介」
  • 4.これなあに?
  • 5.目指せ! お話名人!
  • <共同研究のやりとり>
  • 6.チャレンジキッズで「いよかん」を仕入れ・販売しよう!
  • 7.教えてあげよう!「のとの名物」
  • 8.チャレンジキッズを活用した地域学習
  • <多人数・多校での共同学習>
  • 9.全国のお雑煮を調べよう
  • 10.みんなで栽培してみたら・・・
  • <教育環境としてのICT活用>
  • 11.携帯型テレビ電話を使った授業
  • 「コラム」イントラネットを利用した鑑賞の授業(美術)
  • 12.デジタルポートフォリオを使った実体験の記録と自己評価
  • 13.メールを使って、入院中もコニュミケーションを継続しよう
  • 「コラム」院内学級の児童・生徒へのICTを活用したコミュニケーションの可能性
  • <特別支援教育を支えるICT>
  • 14.湘南市発達支援ITネットワーク「KIDS」の取り組み
  • 第7章 AACから情報教育までの目標チェックリスト
  • 1.コミュニケーションを視点に支援を考える
  • 2.「新しい学習観」とカリキュラムを考える
  • 3.AACから情報教育まで
  • 4.学習活動目標とチェックリスト

New Books

Publicity

2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link