大学と日本の国際化 知的国際貢献の試み

大学と日本の国際化

知的国際貢献の試み

著者名 千葉大学法経学部教授 阿部清司
ISBNコード ISBN4-921124-32-9 C3037 \2667E
判型/頁 A5判/372頁
発売日 2004年11月
定価
日本の社会の内なる国際化は進んでいるのだろうか、大学の国際化で本当に大切なのは何であろうか、学生が企業の求める人材になるにはどうしたら良いか。まるドメ(まるでドメスティック)な社会から国際化先進国を目指すために、実践を通してこれらの質問に答えようとするのが本書である。

  • はじめに
  • 大学の国際交流は、研究者交流と留学生交流からなり、知的国際貢献にあたる。そのささやかな試みが本書で紹介されている。そもそも、日本は、国際化において、先進国だろうか。日本の社会で内なる国際化は進んでいるのだろうか。日本人の心は異文化に対して開かれているのだろうか。日本の大衆メディアは国際理解を助長しているだろうか?
  • 諸外国と比べて日本の大学の国際化はどうであろうか。国費留学生はみな新日家になるであろうか。教育の国際化や国際理解教育において、国立大学はどれほど進化してきただろうか。私立大学のように、国立大学は国際化において進んでいるだろうか。大学の国際化で本当に大切なのは何であろうか。教員は昔のように自分の研究に閉じこもっていれば良いのであろうか。学生は数年すれば社会人になるが、企業の求める人材になるにはどうしたら良いか―。
  • 実践を通してこれらの質問に答えようとするのが本書である。答えを読者と共に探ることは21世紀においてますます重要である。外国や異文化との接触が増え、知的国際貢献や大学における国際交流の大切さが増加するからである。
  •  
  • 著者の言葉
  • 大学や日本の国際化に関心を持つ人に参考にして欲しい
  • 開放的な諸外国はますます国際化しているが、日本は取り残されている。大学の国際化や日本の国際化が叫ばれて久しいが、まるドメの体質は変わっていない。日本の常識は世界の非常識であるが、それに取り組む人は少ない。国際理解教育に関する本は日本では意外に少ない。グローバリゼーション時代は日本の大学や社会の開放性を求めているが、目立った全体的な動きはない・・・。なぜであろうか? このままで良いのであろうか? そういう疑問を抱く人々は多く、そのために書かれたのが本書である。
  • 研究や教育における国際化や国際理解に関心を持つ全国の大学の関係者は本書からヒントを得ることができるであろう。本書がそういう方々の試行錯誤を減らす助けになれば幸いである。後継者のマニュアルになれば幸甚である。
  • 本書は学生や若い人に読んでもらいたい
  • 本書の第3章は社会人の卵である学生のために書かれている。「学生への20の要望」や「参加者のきらりと光る観察」に多くの学生たちは共鳴するであろう。就職を数年後に控えた学生を本書は意識している。「資格や成績が全てではない」と求人側は言うが、企業が求めるのはどういう人材であろうか?
  • 第3章は「人の生き方」を語っており、次の世代を担う若い人々の参考になるであろう。大学の4年間や卒業後の人生に役立つ指針を含んでいる。無気力に見える若者をも考慮に入れており、参考にする若者が一人でもいれば喜ばしい。
  •  
  • 推薦の言葉
  • 敬愛大学学長 小田英郎 氏
  • 大学にとって国際化ははるか以前からの急務であるのに、その取り組みは遅々として進まない。それは日本の大学の体質の問題でもあるが、日本社会の国際化がなかなか進まないことにも原因があろう。これではいけない。どうしたらこうした状況を打破できるか? こうした危機意識、問題意識をもつ人々、とくに大学の教職員、学生諸君に是非一読を勧めたい。
  • 千葉大学法経学部経済学科長 野村芳正 氏
  • 本書は千葉大学法経学部における国際化実践の記録でもある。本学部が舞台となっているが、内容はかなり普遍的であり、他の国立大学や私立大学にも参考になるであろう。日本の社会の国際化の後れにも言及している。これから大学人として国際化を図ろうという方にとって多くの示唆を含んでおり、是非一読を進めたい。
  •  
  • 目次
  • 第1章 CHIBAMA (日米共同研究)
  • 第1節 各年度の経緯
  • 第2節 3年間の総括(一応の成功、良かった点、悪かった点、出版までの紆余曲折)
  • 第2章 CHIBAMI (英語による2週間集中コース「日本経済論」)
  • 第1節 先立つ教授交換プログラム
  • 第2節 BAMA COURSE(後のCHIBAMI)の発端と経緯
  • 第3節 10の特長
  • 第4節 評価(外部評価、新聞記事、参加者による評価、ホストファミリーによる評価)
  • 第5節 今なお直面する問題
  • 第6節 CHIBAMI 12年間の内情(雑務と喜び、貧しい国からの参加の断念)
  • 第7節 J-PACとの比較
  • 第8節 大切なのは数よりも質
  • 第3章 IFS(国際フィールド・スタディ)
  • 第1節 概要と目的(IFSの趣意、4つの目的と実行)
  • 第2節 発端と経緯
  • 第3節 充実したインドネシア研修(良かった点、悪かった点)
  • 第4節 参加者のきらりと光る観察
  • 第5節 学生(数年後の社会人)への20の要望・・・学生の生き方
  • 第6節 改善すべき6つの問題点と後継者への20のアドバイス・・・教員のあり方(改善すべき6つの問題点、後継者への20のアドバイス・・・教員のあり方、学生参加型授業の勧め)
  • 付録 エビをめぐる国際的内情
  • 第4章 日本の国際化と国立大学
  • 第1節 大学における知的貢献
  • 第2節 日本人学生の留学の容易化
  • 第3節 「まるドメ」(まるでダメな日本の社会)(自動詞としての国際化、内なる国際化とその反動、「まるドメ」の社会、留学生と日本人の接触、文化の対外開放度において日本は49位〔最下位〕、留学生の日本人学生化)
  • 第4節 大学と国際化(留学生の10万人突破と「中文学私」、日本の大学は誰のためにあるのか、なぜ留学生との交流が進まないのか、大学の国際化の3つの尺度と現状、先行する私立大学、国立大学と私立大学の違い、大学の教員のあるべき姿、新渡戸稲造の教育方針)

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link