広がれ 地域活動 子どもたちの社会参加

広がれ 地域活動

子どもたちの社会参加

著者名 全国知的障害養護学校長会 編
ISBNコード ISBN4-921124-19-1 C3037 \1333E
判型/頁 B5判/170頁
発売日 2003年 9月
定価
「地域活動を広げるために」特別支援教育時代の地域活動(学校経営の視点から)・人とのかかわりの中で生きる(保護者の視点から)・学齢期の社会参加(研究者の視点から)・ボランティア養成と地域活動(実践者の視点から)/「広げよう地域活動」全国の17の実践事例/「障害児の地域活動 Q&A」/「ボランティア養成講座 Q&A」/「休日・放課後の地域活動 アンケート調査」

  • 推薦のことば
  • 全国知的障害養護学校PTA連合会会長 中村文子
  • 支援費制度の実施を迎え、各区市町村では制度の活用が始まりました。実施前に頭の中や書面上でプランを立ててはいたものの、実際に利用が始まってみて、豊かな生活を組み立てていくには「地域」にある障害者が利用できる資源はあまりに乏しいことに初めて気がついたという声をあちらこちらで耳にします。もちろん、たくさんのかたがたのお力によりデイサービスや学童保育などの活動の場の数は増加してきています。しかし、利用者の年齢や好み、体力等の個性にあわせプログラムを立てていくためにはまだまだその数は少ないものだと言わざるを得ないのが現実です。また、一言で「地域」と言っても「学校所在地」、「居住地」、「学区域」、「交通機関などを利用して自力移動可能な範囲」・・・・・・個々に応じてたくさんの意味があるといえるでしょう。このような「地域」の中に多様な資源があり、その中から自分にあったものを選び生活を組み立てていくのが本当の意味での「豊かな生活」ではないでしょうか。
  • 折りしも、今年3月末に文部科学省の調査研究協力者会議より出された「今後の特別支援教育の在り方についての(最終報告)」の中には、「関係機関がおのおの役割を分担し、協力し合っていくことが大切である」と述べられています。そんな今、私たちのできる役割を考えた時、「活動を起こしていくこと」が頭に浮かんでくるのは自然な流れといっていいのではないのでしょうか。
  • このような時期に、この本を出版していただいたことを本当に嬉しく感じております。そして出版に際しご尽力いただいたかたがたに心より感謝申し上げます。
  • この中には、いろいろの立場や環境で活動を行っていくのに役立つノウハウがたくさんつまっています。また、活動の中で出てきた課題や問題点、活動に対する熱い思いもあちらこちらに散りばめられています。そして地域活動を行っていくかたがたにとって、その一つ一つがすぐにそれぞれの活動に生かしていけるものであり、パワーの源となっていくものと自信を持って私は申し上げることができます。
  • 全国各地で一人でも多くのかたがたがこの本を手にされ、小さな活動が大きく広がっていくことを願っております。そしてその先には、私たちの子どもたちにとって本当に豊かと言える生活が待っているものと信じております。
  •  
  • 目次
  • 推薦のことば
  • 全国知的障害養護学校PTA連合会会長 中村文子
  • はじめに
  • 全国知的障害養護学校長会会長(東京都立青鳥養護学校長) 岸本啓吉
  • 第1章 地域活動を広げるために
  • 第1節 地域活動の充実と特別支援教育
  • 1.特別支援教育時代における地域活動
  • 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課特殊教育調査官 石塚謙二
  • 2.特別支援教育時代における学校経営と地域活動
  • 全国知的障害養護学校長会事務局長(東京都立中野養護学校) 山口幸一郎
  • 3.人とのかかわりの中で生きる(保護者の視点から)
  • 全国知的障害養護学校PTA連合会子育て支援事業
  • 平成11〜14年度運営委員長 永田直子
  • 4.障害児の地域生活を充実するために(学校の視点から)
  • 全国特殊学校長会事務局長、東京都立調布養護学校長 渡辺和弘
  • 第2節 学齢期の社会参加
  • 1.学齢期の社会参加
  • 東京学芸大学教授 松矢勝宏
  • 2.地域生活の充実をめざしたネットワークづくりに向けて
  • 東京学芸大学助教授 加瀬 進
  • 第3節 地域活動を広げる視点
  • 1.ボランティア養成と地域活動
  • 東京都立中野養護学校教諭 春口明朗
  • 2.本人講座と地域活動 −地域活動を広げる視点を−
  • 東京都立あきる野学園養護学校教諭 原 智彦
  • 3.学校週5日制に対応して
  • 東京都立府中朝日養護学校主幹 深井敏行
  • 第2章 広げよう地域活動
  • 第1節 さまざまな条件の中から生まれるさまざまな地域活動
  • 『地域活動』の実践に向けて −さまざまな条件の中からうまれるさまざまな地域活動−
  • 全国知的障害養護学校PTA連合会子育て支援事業運営委員長 瀬戸本むつみ
  • 第2節 広げよう障害児の地域活動
  • 1.地域活動の拡充を目指して −居住地活動に向けての取組−
  • 静岡県立袋井養護学校PTA
  • 2.制度を賢く利用しながら親が作り上げてきた地域活動
  • 東京都立矢口養護学校PTA
  • 3.何もないところから一歩ずつ −保護者と学校が連携して−
  • 富山県立にいかわ養護学校PTA
  • 4.小さな一歩をつないで −今まさに産声をあげ−
  • 東京都立石神井養護学校PTA
  • 5.ボランティア養成講座+地域活動=児童生徒の生活の充実
  • 宮崎県立都城養護学校PTA
  • 6.知・肢併置校、広い校区と豊かとはいえない行政サービスをマンパワーでカバー
  • 東京都立あきる野学園養護学校PTA
  • 7.ボランティアの輪を広げて −ボランティア養成講座の取組−
  • 宮城県立利府養護学校PTA
  • 8.大学附属校の特徴を生かして
  • 香川大学教育学部附属養護学校
  • 9.居住地交流を広げて −地域生活学習・PTA地域交流活動をとおして−
  • 栃木県立足利中央養護学校PTA
  • 10.「困ったぞ」はチャンスの芽 親が教員を上手に巻き込んで
  • 東京都立府中朝日養護学校PTA
  • 11.特別支援学校への転換とPTA活動
  • 北海道札幌高等養護学校
  • 12.本当にやりたいことが見えてきた
  • −学生ボランティア『一休』の企画でスタッフ大パニック−
  • 東京都立八王子養護学校PTA
  • 13.子どもと親が豊かに生きるために −学童保育と地域支援活動の取組−
  • 島根県立松江養護学校PTA
  • 14.「障害児の放課後を豊かに」を合言葉 −世田谷区の学童保育 わんぱくクラブの活動−
  • 東京・世田谷 わんぱくクラブ
  • 15.地域のネットワークを広げて
  • 国分寺地域活動連絡会
  • 16.地域に根ざして
  • 三鷹市サタデー学級
  • 17.地域活動を支えるための工夫 −PTAにボランティアセンターを立ち上げて−
  • 東京都立中野養護学校PTA
  • 第3章 Q&A
  • 第1節 障害児の地域活動Q&A
  • Q1 地域活動では、実際にどのような人たちとふれあえるのですか
  • Q2 地域活動を運営するのはだれですか
  • Q3 学校週5日制になって子どもの生活を豊かにするにはどのようにしたらよいですか
  • Q4 地域活動の「地域」とはどのように捉えるのですか
  • Q5 万一の事故に対して、保険に加入した方がよいでしょうか
  • Q6 学校中心で行っている活動を地域に移行していくためには、どのような工夫が必要ですか
  • Q7 地域活動を運営するための予算はどうすればいいのですか
  • Q8 活動のために休みの日は学校をいつでも自由に使うことができるのですか
  • Q9 地域のかた、ボランティア、親だけの所に子どもを預けるのが不安な人もいると思います。どのように対応したらよいですか
  • Q10 参加する子どもたちには、年齢差や障害の違いなどが考えられますが、それに対応する工夫はありますか
  • Q11 地域活動のリーダーやボランティアは、どうやって見つけ、依頼するのでしょうか
  • Q12 どんなボランティアにみてもらうのかが不安です。どうしたらよいですか
  • Q13 兄弟姉妹の参加も可能ですか
  • Q14 まとまった時間に活動しようとすると、昼食をはさまなくてはなりません。昼食時の対応はどのようにすればよいですか
  • Q15 お休みの先生がた、お父さん、地域のかた、ボランティアが参加したくなるような内容の工夫には、どのようなものがありますか
  • Q16 子どもたちに人気のある活動はどんなものがありますか
  • Q17 子どもとボランティアとの組み合わせは、だれがどのようにするのですか
  • Q18 参加するには送り迎えが必要ですが、親がするしかないのでしょうか
  • 第2節 ボランティア養成講座Q&A
  • Q1 ボランティア養成講座の意義は何ですか
  • Q2 ボランティア養成講座は全国で行われているのですか
  • Q3 ボランティア養成講座では、基本的な流れなど決まっているのですか
  • Q4 講座の実践の中で活動する障害児はどのようにして募集するのですか。家族や本人は理解して参加するのですか
  • Q5 講座の運営主体はどこですか
  • Q6 予算はどこから出るのですか
  • Q7 講座を受け持って指導するのはだれですか
  • Q8 受講生はどのような人たちですか
  • Q9 受講生はどのようにして募集するのですか
  • Q10 地域の社会福祉協議会などで実施するボランティア養成講座とどう違うのですか
  • Q11 受講生や障害児は、保険に加入するのですか
  • Q12 受講中に子どもに対処しきれなくて起きた事故などは、だれが責任を取るのですか
  • Q13 保護者がボランティアに期待することはどんなことですか
  • Q14 受講修了を示す証明書のようなものはあるのですか
  • Q15 障害の種類や対象年齢によって、対応の仕方は違ってくるのですか
  • 第4章 アンケート調査
  • 『学校週5日制に伴う、休日・放課後の地域活動について』の調査結果の概要
  • 全国知的障害養護学校長会実施
  • 第5章 資料編
  • 今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)のポイント
  • 特別支援教育の在り方に関する調査研究協力者会議
  • 障害者基本計画(教育・育成関連のみ)
  • 重点施策実施5か年計画(新障害者プラン)(教育関連分のみ)

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link