視覚障害教育の教科・領域のネットワークづくりをめざして 視覚障害教育ブックレット

視覚障害教育の教科・領域のネットワークづくりをめざして

視覚障害教育ブックレット Vol.4

1学期号(’07)

「視覚障害教育ブックレット」のご案内
定期購読申込フォーム
バックナンバー
最新号
著者名 筑波大学附属視覚特別支援学校
視覚障害教育ブックレット編集委員会[編集]
判型/頁 A4判/98頁
発売日 2007年 4月25日
定価
特集 特別支援教育元年を迎えて/視覚障害教育の教科の指導の専門性/視覚障害教育の教科の指導の専門性/幼稚部における指導の工夫/小学部の触覚教材について/体験的活動を重視した小学部社会科の指導/教科・領域の指導 (中学部・高等部)/白杖について/授業実践提案:実践的なコミュニケーション能力を育成するために/職業課程の教育 (専攻科)

  • 目次
  • 巻頭グラビア 視覚障害教育の歴史
  • 特集 特別支援教育元年を迎えて
  • ごあいさつに代えて 特別支援教育体制元年とこれからの視覚障害教育
    ――専門家としての蓄積・継承とこれを提供することで視覚障害教育の未来をつくる――
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校長 皆川 春雄
  • 特別支援教育制度のスタートにあたって ――今後の盲学校が果たすべき役割――
  • 文部科学省初等中等教育局特別支援教育課 特別支援教育調査官 池尻 和良
  • 言葉とイマジネーション
  • 筑波大学副学長 附属学校教育局教育長 谷川 彰英
  • 視覚障害教育の専門性を高め特別支援教育の充実を
  • 全国盲学校長会会長 神尾 裕治
  • 「特別支援教育元年」 に思うこと
  • 健康科学大学教授 香川 邦生
  • 特別支援教育における教科の指導の専門性
  • 筑波大学特任教授 鳥山 由子
  • 第1章 視覚障害教育の教科の指導の専門性
  • 第4回 文字の選択と系統的な指導 ――各教科におけるノートテイクの指導――
  • 筑波大学特任教授 鳥山 由子
  • 第2章 視覚障害教育の教科の指導の専門性
  • 第4回 視覚障害乳幼児の言語発達 ――乳幼児期の言語発達を理解する基礎――
  • 筑波大学准教授 佐島  毅
  • 第3章 幼稚部における指導の工夫 ――運動あそびの領域で――
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 高見 節子
  • 第4章 小学部の触覚教材について ――国語の場合――
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 杉山 利子
  • 第5章 体験的活動を重視した小学部社会科の指導
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 宮ア 善郎
  • 第6章 教科・領域の指導 (中学部・高等部)
  • (1)視覚に障害のある児童生徒に対する漢字指導
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 原田 早苗
  • (2)視覚障害のある児童生徒への地球儀を用いた地理学習
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 丹治 達義
  • (3)黒板を使わない授業 ――数式や図形の言葉による説明――
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 高村 明良
  • (4)自然現象の実体験をもとにした地学教材 ――小麦粉を使った雨滴の教材化――
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 間々田和彦
  • (5)サウンドテーブルテニス (略称STT) の指導
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 中田ちずか
  • 第7章 白杖について ――その歴史と変遷――
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 赤池 信夫
  • 第8章 授業実践提案:実践的なコミュニケーション能力を育成するために
    ――楽しく英語力が身につく実践―― ALTとの教育活動を通して
  • 岐阜県立盲学校 山村 陽子
  • 第9章 職業課程の教育 (専攻科)
  • 視覚障害教育における理学療法教育
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 長島 大介
  • コラム
  • 豆知識 1年間に配布される点字教科書数
  • 教室から1 少し前とは?
  • 教室から2 よく見る光景
  • 教室から3 「教育」 と 「支援」
  • 寄宿舎から 鉄道少年達の休日
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校寄宿舎指導員 岩崎 彰治
  • 海外ニュース 第9回フェスピック競技大会報告
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 青松 利明

  • 「視覚障害教育ブックレット」のご案内
  • 視覚障害教育に関わるすべての教員に向けて
  • 視覚特別支援学校の教育現場で培った実践、あるいは実践を通して深められた専門性を関係者の共有財産とすることを目的として筑波大学附属視覚特別支援学校が中心となり編集。実践事例や研究レポートなどのほか、便利グッズ、研究会情報などを掲載。児童生徒、保護者、関係機関のネットワークの架け橋として!
  • 筑波大学附属視覚特別支援学校 視覚障害教育ブックレット編集委員会[編集]
  • 【判型】 A4判
    【定価】 本体952円+税
    【発行形態】 年3回(学期ごと)発行
    【購読料】 年間購読料2,856円(送料・税別)

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Link