問題解決! 先生の気づきを引き出すコミュニケーション

問題解決! 先生の気づきを引き出すコミュニケーション

著者名 編著者名:岡村 章司・宇野 宏幸
著者名:谷 芳恵・八乙女 利恵・平田オリザ
ISBNコード ISBN978-4-86371-355-0 C3037
判型/頁 B5判/122頁
発売日 2016年 3月10日
定価
学校経営や授業づくりにおいて、子どもの多様性にどう対応していくかが課題である。とくにインクルーシブ教育をどう捉えどう具現化していくか。その問題を解決していくには、教師間、関係機関の連携が必要であると声高に叫ばれている。そこで、一人の教師が連携すべき相手に対してどのようにアプローチし、コミュニケーションをとっていくか、具体的な方法論として、「演劇づくりワークショップ」を紹介している。実践事例も紹介され、研修で使用した各種シートの掲載されている。お役に立ててほしい一冊である。

  • 目次
  • はじめに
  • 第1章 特別支援教育で求められるコンサルテーション
  • 1 コンサルテーションを捉え直す
  • 2 コンサルテーションの定義
  • 3 コンサルテーションのモデル
  • 1) 専門家モデル
  • 2) 医師−患者モデル
  • 3) プロセス・コンサルテーション・モデル
  • 4 学校現場におけるプロセス・コンサルテーション
  • 5 特別支援教育におけるコンサルテーション
  • 6 コミュニケーションとしてのコンサルテーション
  • 7 コンサルテーションを学ぶ演劇づくりワークショップ
  • 第2章 ドラマ風「演劇づくりワークショップで研修会」
  • scene1 大学
  • scene2 コース
  • scene3 小学校
  • scene4 関係者会議
  • scene5 モデ研
  • scene6 校長先生、コーディネーターとの打ち合わせ
  • scene7 校内研修会
  • scene8 校長室
  • 第3章 演劇づくりワークショップを通して学ぶ
  • 1 ワークショップとは
  • 1) ワークショップのプロセス
  • 2) 対話の必要性
  • 3) 参加者の多様性
  • 2 なぜ、演劇づくりなのか
  • 1) コミュニケーション
  • 2) 文脈と必然性
  • 3) 演じるということ
  • 対談 平田オリザ×宇野宏幸
  • (1) 演劇の「リアリティー」と「対話」
  • (2) 「引き出す」コミュニケーション―プレイフル
  • (3) 対話が生み出される必然性
  • (4) 表現する力
  • (5) 対話力を高める演劇教室
  • 第4章 演劇づくりワークショップの展開
  • 1 コンセプト
  • 2 時間設定
  • 3 参加者
  • 4 会場を含めた環境設定
  • 1) 会場
  • 2) 準備物
  • 3) 演劇プロットシート
  • 4) 発表ワークシート
  • 5) 個人アンケートシート
  • 5 プログラム
  • 1) レクチャー
  • 2) 台詞検討
  • 3) 劇練習
  • 4) 発表
  • 5) 質疑応答
  • 6) 総括
  • 6 その他の実施形態
  • 1) 出来事
  • 2) テーマ
  • 3) 解決すべき対象
  • 4) 形態
  • 5) 登場人物
  • 6) 場所
  • 7) 登場人物は何をするのか
  • 8) 場面ごとのプロット
  • 9) タイトル
  • 第5章 演劇づくりワークショップの実際
  • 1 はじめに
  • 視点 幼・小・中・高の特別支援教育コーディネーターと特別支援学校の特別支援教育コーディネーター
  • 2 プロット例
  • ● きっかけをつかむ
    きっかけをつかむ[1]
    きっかけをつかむ[2]
  • 視点 問題設定と目標をイメージする
  • ● まきこみ、つなぐ
    まきこみ、つなぐ[1]
    まきこみ、つなぐ[2]
    まきこみ、つなぐ[3]
  • 視点 協働:独りよがりになってはいないか
  • ● 支援を支え、促進する
    支援を支え、促進する[1]
    支援を支え、促進する[2]
    支援を支え、促進する[3]
  • 視点 共感と理解
  • ● 若手教師を支え、育成する
    若手教師を支え、育成する
  • 視点 コンサルテーションの主体は誰か
  • ● 保護者とつながる
    保護者とつながる
  • 視点 「正しい」やりとりとコンサルテーションの「失敗」
  • 巻末資料
  • 個人アンケートシート
  • 演劇作成ワークシート
  • 演劇づくりに向けた手引き
  • おわりに

New Books

教育オーディオロジー
ハンドブック

2017年 4月 5日発売
本体2,500円+税
病気の子どもの
教育支援ガイド

2017年 3月30日発売
本体2,000円+税
特別支援学校のすべてがわかる
教員をめざすあなたへ

2017年 3月25日発売
本体2,000円+税
主体的に学ぶ
養護実習ガイドブック

2017年 3月 1日発売
本体2,000円+税
介護現場のリーダー
お助けブック

2017年 2月22日発売
本体1,700円+税
聴覚障害児の発音・発語指導
―できることを、できるところから―

2017年 2月13日発売
本体2,500円+税
国立大学法人法コンメンタール 改訂版
 

2017年 2月 6日発売
本体6,250円+税
5歳アプローチカリキュラムと
小1スタートカリキュラム

2017年 1月25日発売
本体2,400円+税
自立活動の理念と実践
 

2016年12月 5日発売
本体2,200円+税
キャリア発達支援研究 3
 

2016年12月 5日発売
本体1,800円+税

Publicity

2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link