ポラリスをさがせ 熊大式授業づくりシステムガイドブック

特別支援教育のチームアプローチ

ポラリスをさがせ

熊大式授業づくりシステムガイドブック

著者名 熊本大学教育学部附属特別支援学校 編著
ISBNコード ISBN978-4-86371-183-9 C3037
判型/頁 B5判/78頁
発売日 2012年 3月23日
定価
スーパーマンのような先生が学校という組織をリードするのではなく、チームアプローチによる熊大式授業づくりシステム〜3つの手だてとは?
子どもを中心に据えて教師や保護者が連携するための工夫や手だて、学校の体質や文化・土壌をどう変えるかといった組織改善のヒントがふんだんに盛り込まれている。

  • 目次
  • はじめに
  • 第1章 なぜチームアプローチなのか
  • ●「組織なのにひとりぼっち」をどう解決するか
  • ●チームのメンバーになる
  • ●チームアプローチの核になる3つのミーティング
  • ●プロセスがわかれば、はじめの一歩が踏み出せる
  • 第2章 何でも語り合える土壌をつくる
  • ●チームの「メンバーになる」ということ
  • ●発想法を活用した何でも話し合えるための手だて
  • ●図解 ブレーンストーミング
  • ○答得先生の解説 その1
  • 発想法を活用する「ブレーンストーミング」と「KJ法」
  • 第3章 チームアプローチの核になる3つのミーティング
  • 1 夢を語ることからはじめよう
  • ―「個別の教育支援計画」のための「支援者ミーティング」―
  • ●図解 支援者ミーティング
  • ○答得先生の解説 その2
  • 「支援者ミーティング」と「PATH」
  • ●職員の感想
  • 2 課題を先送りしない
  • ―「個別の教育支援計画」のための「課題解決ミーティング」―
  • ●図解 課題解決ミーティング
  • ○答得先生の解説 その3
  • 「課題解決ミーティング」と「問題解決モデル」
  • ●職員の感想
  • 3 みんなで語りながら授業をつくる
  • ―「授業プラン」のための「授業ベースミーティング」―
  • ●職員の感想
  • 4 PDCAでつながる
  • ○答得先生の解説 その4
  • 「PDCAシート」
  • 第4章 チームの力
  • 〜ガイドブックワーキンググループ座談会
  • ●チームアプローチ
  • ●ガイドブックの意味
  • ●チームの力とガイドブック
  • 第5章 学校のPATHとその後
  • ●長期ビジョンに立ったリスタート
  • ●夢が現実になっていく
  • ●これから
  • 資料編
  • 1 支援者ミーティングワークショップ実施要領とその資料
  • 2 課題解決ミーティングワークショップ実施要領とその資料
  • 3 授業ベースミーティングワークショップ実施要領とその資料
  • おわりに

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link