私の学校経営観 ある特別支援学校長の軌跡

私の学校経営観

ある特別支援学校長の軌跡

著者名 保坂 博文 著
ISBNコード ISBN978-4-86371-145-7 C3037
判型/頁 B5判
発売日 2010年11月
定価
学校経営の観点からの「センター的機能の発揮」「指導と支援の違いの認識」など。工夫次第でできる校長の仕事という観点から「新学習指導要領に盛り込まれた『表現力』をどう養うか」「学校経営に音楽をどう生かすか」など…。
特別支援学校、肢体不自由特別支援学校長の、子供たちと保護者と教職員と、地域とともにつくった学校経営実践書

  • 特別支援学校との出会い
  • 高等学校の英語教師だった私が特別支援学校(当時は養護学校)とはじめて関わったのは、平成13年4月に、知的障害の山梨県立わかば養護学校へ教頭として赴任したときでした。辞令がおりてから、実際に子供たちと接するまでの約2週間ほど、いったいどんな子供たちがいるのだろうか、その子たちにどう接したらいいのだろうか、不安ばかりがつのりました。さらに、特殊教育(当時)に関する知識や経験もない私がはたして教頭として職員を指導できるのか、とまどいはつきませんでした。
  • 入学式を数日後に控えたある日の放課後、一人で職員室で仕事をしていると、高等部主事をしていたI先生が、「教頭先生、養護学校は初めてですね。いろいろとまどいもあるかと思いますが、子供たちと接する時には、こんなふうにお考えになったらいかがでしょうか。」と、話しかけてくれました。そのときのI先生の話が、私の養護学校における基本的な考え方のすべてをつくってくれたと思っています。
  • それは、「うちの学校で学ぶ子供たちは、自分のせいで障害を背負ったわけではありません。また、両親に責任があって障害を負ったのでもありません。ただ、神様のさじかげん一つで障害を背負ってしまったのです。その子たちが自分の運命に不平もいわず、一生懸命生きようととしている、その子たちを支え、励まし、力をつけてやって自立や社会参加へつなげるのが私たちの仕事だとお考えになったらいかがでしょうか。」
  • 私はこの話を聞いたときの衝撃と感動を今でも忘れることができません。この一言により、養護学校の子供たちに接する時の心構えのすべてが決まりました。
  • 本文「特別支援学校との出会い」より
  •  
  • 目次
  • まえがき
  • 第1章 学校経営 工夫次第でできる校長の仕事
  • 1.特別支援学校との出会い
  • 2.あけぼの支援学校について
  • 3.校訓「いきいきと」
  • 4.「あけぼの一家」としての連帯感
  • 5.校長の仕事と個性
  • 6.学校経営の考え方
  • 7.着任後最初の仕事(学校経営方針の提示)
  • 8.年度当初における分掌主任・学部主事への指示
  • 9.学校経営の戦略(strategy)・戦術(tactics)・作戦(plan)
  • 10.会議時間等の短縮
  • 11.学部主事会の運営
  • 12.センター的機能
  • 13.肢体不自由教育と発達障害に関する専門書の購入
  • 14.県外先進校への職員派遣
  • 15.校長ガーデン作りと樹木の剪定
  • 16.入学式・卒業式の式辞
  • 第2章 指導・支援
  • 1.「指導」と「支援」
  • 2.「表現力」をどう養うか
  • 3.「個別の指導計画」の目標設定
  • 4.進路指導
  • 5.交流教育
  • 6.医療的ケア
  • 7.摂食指導
  • 8.自立活動
  • 9.教科指導
  • 10.小学部外国語活動をどう行うか
  • 11.部活動
  • 12.学校経営へ音楽をどう生かすか
  • 第3章 教育研究協議会運営 PTA活動、研究紀要の作成
  • 1.関東甲越地区肢体不自由教育研究協議会運営のノウハウ
  • 2.PTA活動
  • 3.テーマ別研究紀要の作成
  • 第4章 2分間教養講座
  • 1.音声学的に見た名前のつけ方について(養護と支援)
  • 2.交通事故の防止について
  • 3.「原点」について
  • 4.olaとella
  • 5.ピアノ、アカペラ、新宿駅
  • 6.「宣言」「宣誓」とは何か:declare(動詞)>declaration(名詞)
  • 7.「聖戦(ジハード)」とは何か
  • 8.世界は「中国」のことを何と呼んでいるか
  • 9.家庭果樹はどうすれば早く実をつけるか
  • 10.英語講座:「補語」とは何か
  • 11.長野県マメ知識(信州人の心をつかむコツ)
  • 12.おいしいきゅうりの作り方
  • 13.おいしいトマトの作り方
  • 14.annexation(併合)とcolonization(植民地化)
  • 15.八木秀次・石井昌浩・義家弘介氏の対談
  • 16.戦前の日本の教育とアメリカの教育の類似性
  • 17.全肢研茨城大会での石橋女流王位への質問
  • 18.「あなたは状況の変化にどう立ち向かいますか」
  • 19.地球温暖化への視点(別添資料、岡本薫氏の論考から)
  • 20.特別支援学校新学習指導要領のポイント中のポイント
  • 21.教養講座に代えて
  • あとがき

新刊書籍

よくわかる!
大学における障害学生支援

2018年 6月20日発売
本体2,800円+税
目からウロコの
重度重複障害児教育

2018年 6月11日発売
本体2,200円+税
ワークシートから始める
特別支援教育のための性教育

2018年 4月 6日発売
本体2,800円+税
「共育」「特別支援教育」「大学連携」
三つの視点で学力向上!

2018年 3月29日発売
本体1,700円+税
英語音声教育実践と
音声学・音韻論

2018年 3月28日発売
本体2,300円+税
公務員法と労働法の交錯
 

2018年 3月12日発売
本体2,300円+税
子どもが勉強好きになる!
「見えにくい学力」から伸ばす小学生育て

2018年 3月 1日発売
本体1,500円+税
重度・重複障害児の造形活動
―QOLを高める指導理論―

2018年 2月19日発売
本体3,000円+税
小学校・中学校
通常の学級の先生のための手引き書

2018年 2月15日発売
本体1,500円+税
知的障害特別支援学校
実務ガイド

2018年 2月 9日発売
本体1,700円+税

パブリシティ情報

労務事情3月1日発行
(産労総合研究所)
『法人職員・公務員のための労働法 判例編』
英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link