1000の子どもに1000の可能性

1000の子どもに1000の可能性

民間人校長の子どもの可能性を開く授業づくり

著者名 横山芳春
ISBNコード ISBN978-4-921124-82-3 C3037 \1700E
判型/頁 A5判/240頁
発売日 2007年12月
定価
教育現場に広がる惰性に向けての強い刺激策となった“民間人校長”。沖縄初の民間人校長が那覇市立宇栄原小学校で取り組んだのは、「授業を軸とした学校改革」「芸術で子どもの可能性を開花する」「環境教育子どもが変われば、地域が変わる」。一筋縄ではいかない学校現場の壁を打ち壊し、子どもの可能性を開くことを求め続けた情熱の3年間がここに。

  • ご案内
  • 那覇市立宇栄原小学校での情熱の3年間
  • 沖縄初民間人校長による子どもの心を開く学校づくり
  • 1 授業を軸とした学校改革
  • 2 芸術で子どもの可能性を開花する
  • 3 環境教育子どもが変われば、地球が変わる
  • 平成16年4月、沖縄県にとって初めての民間人校長が那覇市宇栄原小学校に赴任した。
    横山校長が学校づくりのモットーとしたのが、この本の題名にもなった「1000の子どもに1000の可能性」。
  • 子どもたち一人一人の可能性を開くために、質の高い授業を行う。そのために実施された研究授業、講師招聘研修会などの取り組み。
  • しかし、学校現場には“授業中心の学校づくり”という、当たり前のことを行うのにも壁があった。横山校長と勇気ある教師たちは、その情熱でひとつひとつの壁を壊していった。
  • 既成の教育現場に広がる惰性に向けての強い刺激策となった「民間人校長 横山芳春」。一筋縄ではいかない学校現場の中で、子どもの可能性を開くことを求め続けた、横山氏の尽きることのない情熱の3年間!
  • 「はじめに」より
  • 廊下を歩いていると子どもたちが口々に受けたばかりの授業の話をしている。「川嶋環先生と算数の勝負をしたよ」「横須賀薫先生と詩の授業で闘ったよ」「全員で先生の考えに対抗したんだけど、最後は横須賀先生の考えに納得したんだ・・・」。
  • 沖縄県初の民間人校長として宇栄原小学校に赴任したのが平成16年。多くの賛同者を得て子どもたちの可能性を開いていく仕事にまい進している。わたしたちが努力をすればするほど、子どもたちは応えてくれる。子どもたちが、自らの可能性を開き成長していく姿は美しい。幾度そのような美しさに出会い、感動してきたことだろうか。学校現場に身を投じたことを本当によかったと思う。
  • 3年間の学校づくりを多くの方々と分かち合いたい。
  •  
  • 目次
  • 第1章 民間人校長になるまで
  • 1000の子どもに1000の可能性
  • 校長になりたいと思った理由
  • 西江重勝先生との運命的な出会い
  • 明確な教育目標を持って臨む―1000の子どもに1000の可能性―
  • すべての教師が質の高い授業をするために
  • 行事は子どもの可能性を開花させる
  • 芸術教育について
  • これからの必然、環境教育
  • 事務作業の軽減
  • 子どもたちを忙しくしてはいけない
  • 新教頭 宮城和也さんを訪ねる
  • 沖縄県の支援
  • 所信表明と10の方針
  • 第2章 民間人校長から見た学校・教師の不思議
  • 教育目標を意識しない教師
  • 人の話を効けない教師
  • 学校における会議の非効率
  • 学校文化が学校づくりの邪魔をする
  • 学級担任をしたくない教師
  • 教えない教師
  • 教師同士の信頼関係は飲み会でつくるものではない
  • 管理職は職員の意見を聞かない?
  • 「忙しい」、「急だ」と教師によって断られた授業
  • 教師からの2大反対理由「話が急だ、今は忙しい」
  • 隣接校選択制と校長任期―校長任期2、3年ではなにもできない(オランダ)
  • 学校づくりのビジョン
  • 二学期制で生まれる時間の有効利用
  • 反省会のための反省会
  • 教師の分かれ道
  • 人事異動のバランス
  • 学校人事についてわたしの意見と、反対意見
  • 他人の足を引っ張る教師
  • 子どもの落ち着きは授業でつくる
  • 権威の失墜を恐れる教師
  • 同僚が評価されることを嫌う教師
  • 頑張る教師たち
  • 教師よ、三権の長になるな
  • 困った教師像
  • いじめで学校が混乱
  • 勇気ある教師たち
  • 教師たちとの対話―信頼関係をつくるために/クーデター勃発で地固まる?
  • 第3章 宇栄原小学校に赴任、そして1年目の取り組み
  • 平成16年4月〜平成17年3月
  • 第4章 2年目の取り組み、表現活動で心を開く子どもたち
  • 平成17年4月〜平成18年3月
  • 第5章 3年目の取り組み 葛藤は越えられるか
  • 平成18年4月〜平成19年3月
  • 第6章 環境教育への取り組み
  • 3年生と「NPO法人沖縄海と渚保全会」―沖縄の海のごみ
  • 4年生と「アースの会」―環境問題を考える
  • 5年生と「沖縄リサイクル運動市民の会」―環境問題を考える買い物ゲーム
  • 6年生と沖縄大学―学校版ISO14001
  • くいまーるプロジェクット―環境学習への取り組み
  • 給食エコ・エコ大作戦
  • 環境教育内部会議
  • 学校版ISO14001外部審査会
  • 環境教育、新年度の支援態勢
  • 環境教育で特色ある学校づくり
  • 買い物ゲーム講師養成研修
  • アースウォーカー ポール・コールマン来校
  • 子どもの作文「総合学習で学んだこと」
  • 職員干潟観察会
  • ワークショップ―500人の宇宙船
  • 「500人の宇宙船」子どものプレゼンテーション
  • エコ修学旅行
  • 子どもの学力を伸ばす取組発表会(那覇市学力向上対策発表会)
  • 環境教育の浸透
  • 卒業生来校―「生徒会で環境のことに取り組みたい」
  • 環境教育座談会
  • 環境教育予算
  • 環境教育と授業
  • 修学旅行とごみ
  • 4年の環境教育
  • エコ修学旅行とは何か
  • 学校版ISO14001
  • 授業「持続可能なエネルギー」について子どもたちの感想文
  • 牛乳パックの売り上げ
  • 環境教育の情報交換
  • キャロルさんの分析
  • 学校版ISO引継ぎ式
  • 3年間、環境授業を実施して
  • 第7章 3年間の挑戦、そしてその先へ
  • 「授業で子どもを育てる」(授業を軸とした学校改革)
  • 芸術教育(行事)の重要性
  • 環境教育で市民性を育てる―子どもが変わると家庭が変わる。家庭が変わると地域が変わる
  • 3年間を振り返って
  • 解説 横須賀薫・狩野浩二

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link