生命の輝く教育を目指して

生命の輝く教育を目指して

医療的ケアの課題に取り組んで、見えてきたこと

著者名 飯野順子/医療と教育研究会 編著
ISBNコード ISBN4-921124-61-2 C3037 \1429E
判型/頁 A5判/224頁
発売日 2006年 8月
定価
医療と教育研究会が10年間の教育実践を記念して発刊。特別支援教育関係教職員はもちろん、学校医、指導医、看護師等の医療関係者、障害者通所施設職員、教育・福祉行政関係者、ぜひお読みいただきたい内容です。「伝えたいことを伝えている本」「書き残したいことを書き得た本」になりました!!

  • ご案内
  • 医療的ケアの課題も、新たなステージの実践が始まり、次のステージを目指す時となりました。マラソンで言えば、折り返し地点でしょうか。
  • 「毎日、学校に行きたい!」「いつまで、待機をすれば・・・」「責任は、一体誰が?」などの声に十分応えるには、まだまだ、時が必要です。一方、そのように訴えながらも、卒業していった方々も多くいます。そういう意味では、医療的ケアの課題の歴史的推移の中には、「無名の碑」が築かれていると思っています。また、歴史が動いた背景には、関係する多くの方々のパワーとサポート、実践の積み重ねとそれを受け止めてくださった数々の英断があります。
  • これらのことを通して、教えられたことは、「私たちは、今、歴史の道のどこに立っているか」というスタンド・ポイントを認識して、今後を見通しつつ、今を充実させることです。特別支援教育の歴史的な転換期にある今、同様な認識が求められていると思っています。
  • 「発刊に当たって」より抜粋
  •  
  • 目次
  • プロローグ 障害の重い子どもをかけがえのない存在として
  • 「いのちの授業」を通して子どもたちに伝えたかったこと
  • 宮城県拓桃医療教育センター小児科主任医長 田中総一郎
  • 第1章 道を拓く・ケアを拓く
  • 医療と教育の連携 〜肢体不自由教育における歴史的経緯〜
  • 医療と教育研究会会長 村田 茂
  • 医療的ケアの課題 その社会的背景と広がり
  • 東京都立府中養護学校教諭 下川和洋
  • 学校における医療的ケアとは・・・その1 〜看護師との協働のあり方を、ケア・マインドで〜
  • 医療と教育研究会事務局代表 飯野順子
  • 学校における医療的ケアとは・・・その2 〜法的感覚を磨き、リーガルマインドで〜
  • 医療と教育研究会事務局代表 飯野順子
  • 医療的ケアの研修とその意義
  • 東京都立八王子東養護学校教諭 白鳥芳子
  • 第2章 医療的ケアの教育的意義
  • 医療的ケアが必要な子どもに寄り添って
  • 新宿区立新宿養護学校教諭 阿部晴美
  • 心の言葉を受け止めて
  • 東京都立大泉養護学校教諭 吉田光伸
  • 「医療的ケア」から「コミュニケーション支援」へ
  • 東京都立町田養護学校教諭 大石恒子
  • 授業記録の中に、吸引の記録を記入してみた
  • 東京都立町田養護学校教諭 豊島隆久
  • みんなが輝いて楽しく学べる学校を
  • 東京都立府中養護学校教諭 吉田礼子
  • 第3章 多様な視点で、広く・深くそして的確に
  • <医師の立場から>
    「指導医」の方々への厚い謝意を込めて
  • 医療と教育研究会事務局代表 飯野順子
  • 指導医として 〜「誰のための医療的ケアか、何のために行うのか」を基盤にして〜
  • 東京都立東大和療育センター小児科医長 曽根 翠
  • アイデンティティの確立の視点で
  • 東京小児療育病院院長補佐 舟橋満寿子
  • <看護師の立場から>
    学校での医療的ケアを通して 「看護師と教員のより良い連携と協働とは」を考える
  • 東京都立八王子東養護学校看護師 齋藤秀子
  • 前 東京都立八王子東養護学校教諭 藤原真由美
  • 養護学校における看護師の役割 〜モデル事業から今日までを振り返る〜
  • 東京都立あきる野学園養護学校看護師 菅野秋江
  • <養護教諭の立場から>
    医療的ケア必要児への援助と担任・養護教諭・看護師の協働を考える 〜養護学校・大学院での経験を通じての思い〜
  • 神戸市立霞ヶ丘小学校養護教諭 丸山有希
  • 第4章 子どもたちの生命が輝くために、保護者の思い
  • 先生の吸引が子どもに与えてくれた「生きる力」
  • 保護者(重い障がいがある子の卒後を考える会「きらり」) 小林保子
  • 学校が生きる力をひきだす
  • 保護者(大阪府立藤井寺養護学校) 高橋和恵
  • 第5章 地域生活のQOLを目指して
  • 障害のある子と家族の在宅支援 〜ほっと一息のお手伝い〜
  • NPO法人レスパイト・ケアサービス萌代表理事 田中千鶴子
  • こあらくらぶの取り組み
  • こあらくらぶ代表 三木英子
  • 重度障害者の地域生活支援を支えるための医療的ケア 〜通所施設での取り組み〜
  • 杉並区立なのはな生活園主査 直井 誠
  • 第6章 生命の輝く教育を目指して
  • 東京の肢体不自由養護学校における救急体制整備事業の実際
  • 元 東京都立小平養護学校教諭 桝幸英俊
  • エピローグ 障害の重い子どもをかけがえのない存在として
  • 「ハッピーバースディ、生まれてきて良かったね」と言えるために、支援の輪を
  • 医療と教育研究会事務局代表 飯野順子

新刊書籍

キャリア発達支援研究 4
 

2017年12月13日発売
本体2,000円+税
新時代の知的障害特別支援学校の
図画工作・美術の指導

2017年11月25日発売
本体2,300円+税
授業で生きる 知覚
−運動学習

2017年11月15日発売
本体2,300円+税
肢体不自由教育における
子ども主体の子どもが輝く授業づくり

2017年11月13日発売
本体2,400円+税
授業力向上シリーズNo.5
思考力・判断力・表現力を育む授業

2017年11月 9日発売
本体1,800円+税
高等学校における特別支援学校の
分校・分教室 全国の実践事例23

2017年10月 5日発売
本体2,400円+税
「気になる」子ども
保護者にどう伝える?

2017年 9月13日発売
本体1,700円+税
「困り」解消!
小学校英語ハンドブック

2017年 9月11日発売
本体2,200円+税
職業学科3校合同研究実践事例集
地域と共に進めるキャリア発達支援

2017年 8月24日発売
本体1,800円+税
ハマの大学!
学長のおさらい

2017年 8月21日発売
本体1,650円+税

パブリシティ情報

英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link