障害の重い子どもの授業づくり

障害の重い子どもの授業づくり

開く・支える・つなぐをキーワードに

著者名 飯野順子 授業づくり研究会I&M 編著
ISBNコード ISBN978-4-921124-51-9 C3037 \2286E
判型/頁 B5判/290頁
発売日 2005年11月
定価
毎日の授業の実践が、障害のある子どもの教育を創ってきました。子どもたちは、授業の中で目を輝かせ、生き生きとした表情で「学び」の時を経て発達を見せます。一見ありふれた授業の中にも、子どもたちを魅了する要素があります。本書は、「開く」「支える」「つなぐ」の三つの視点から、子どもにとって魅力ある多様な授業づくりの実践を紹介しています。障害のある子どもに携わるすべての人にとって、毎日の支えとなる一冊です。

  • ご案内
  • 授業は、学校の生命線です。毎日・毎日の授業の実践が、障害のある子どもの教育の歴史を動かし、歴史を創ってきたと思っています。専門性の高い授業者による「学びの本質」に迫る授業づくりは、今後、ますます、その真価が問われてくると思っています。最近の重度・重複化傾向の中で、子どもの変容の把握が困難という声も聞かれます。また、変化のない授業を毎日行っていて良いのかという声も聞かれます。しかし、子どもたちは、目を輝かせ、生き生きした表情で授業に参加し、明日の授業を期待し、“学び”の時を経て発達を見せています。毎日同じで、一見ありふれた授業の中にも、子どもたちを魅了する要素が含まれています。その要素とは何か、毎日の授業の中から探り、「実践の知」として構築し、毎日の授業に反映させたいということが、本書の趣旨です。 ―中略―
  • 授業づくりのキーワードを、「開く」・「支える」・「つなぐ」としました。
  • 「開く」とは、授業を開くことです。校内・校外に向けて、授業を公開し、授業研究を積極的にすることです。質を高め、磨き合う場と機会を設定することです。
  • 「支える」とは、授業を支える要素を明確にしつつ、授業づくりをすることです。ポジショニング・教材教具・個別の教育支援計画などを始めとする諸要素を含む授業づくりです。このことは、子どもたちの学びの実現のための環境づくりでもあります。
  • 「つなぐ」とは、医療・労働・福祉機関などの外部機関との連携を踏まえた授業づくりです。大学と学校が強い絆でつながる授業づくりです。保護者も支援者の一人として、子どもと授業をつなぐ役割を果たすことです。
  • このような発想に立って授業づくりを捉えて、本書の内容を構成しました。各先生には、思い切って書いて下さいとお願いしました。その内容は、多様です。本書が、「実践の知」の創造・集積・発信に資するものとなれば、幸いです。さらに、子どもたちのより良い人生の基礎をつくる実践の一助につながることを期待しています。
  • 飯野順子
  • 「発刊に当たって」より
  •  
  • 目次
  • 第1章 「学びの本質」に迫る授業づくり
  • 「学びの本質」に迫る授業づくりを ―「実践の知」の構築のために―
  • 飯野順子
  • 第2章 授業づくりは、学校づくり
  • 一人一人を大切にする授業づくりをめざして
  • 山田規美江
  • 第3章 授業を開く―授業の実践から
  • コミュニケーションの発達を促す授業づくり
  • 吉川知夫
  • 表現を広げる「みる・きく」の授業づくり
  • 手塚紀恵子
  • 課題を明確にし、横断的な指導の工夫をした授業づくり
  • 泉 慎一
  • 障害の重い子どもの「学び」を支える授業づくり―自己選択・自己決定・自己責任を授業の中に―
  • 古山 勝
  • 子どもの成長を共に喜べてこそ―よきティームワークは感動を呼ぶ!―
  • 八巻尚子
  • 障害の重い子どもたちの「見る」ことの支援とコミュニケーションの支援―見る環境・コミュニケーションの環境を整える―
  • 奥山 敬
  • どう考える・どう創ろう・音楽の授業
  • 千田圭子
  • 綺麗な作品よりも、いい体験を
  • 小柳博靖
  • 体育・スポーツ・ダンスの授業づくり
  • 松原 豊
  • 在宅訪問学級のA君の授業実践から
  • 藤沢たま江
  • 重度・重複障害児の授業実践に必要な教師の視点―生理指標を活用した意思表出促進をめざした事例検討から―
  • 市原さよ子
  • 第4章 授業を支える
  • 医療的ケアを学習活動に生かす―情報共有と協同の視点から―
  • 松浦雅子
  • 「個別の教育支援計画」の作成と活用
  • 田中 穣
  • 子どもの活動を支える姿勢作り
  • 花井丈夫
  • 教材・教具の工夫と開発―障害の重い子どもとのかかわり合いから―
  • 松村緑治
  • 障害の重い子どもの評価に関する質的向上について―TELERを応用した学習評価導入の試み―
  • 松原 豊
  • 第5章 授業をつなぐ
  • 保護者の望む授業づくり
  • 吉澤千恵
  • 教育と医療の連携のもとに・・・―授業づくりに当たって、医療的ケアの課題を考える―
  • 飯野順子

関連商品

障害の重い子どもの授業づくり Part 7
 

2016年11月11日発売
本体2,200円+税
障害の重い子どもの授業づくり Part 6
 

2015年11月11日発売
本体2,200円+税
障害の重い子どもの授業づくり Part 5
 

2013年11月11日発売
本体2,200円+税
障害の重い子どもの授業づくり Part 4
 

2011年11月16日発売
本体2,286円+税
障害の重い子どもの授業づくり Part 3
 

2010年11月発売
本体2,286円+税
障害の重い子どもの授業づくり Part 2
 

2008年 9月発売
本体2,286円+税
障害の重い子どもの授業づくり
 

2005年11月発売
本体2,286円+税
 

新刊書籍

キャリア発達支援研究 4
 

2017年12月13日発売
本体2,000円+税
新時代の知的障害特別支援学校の
図画工作・美術の指導

2017年11月25日発売
本体2,300円+税
授業で生きる 知覚
−運動学習

2017年11月15日発売
本体2,300円+税
肢体不自由教育における
子ども主体の子どもが輝く授業づくり

2017年11月13日発売
本体2,400円+税
授業力向上シリーズNo.5
思考力・判断力・表現力を育む授業

2017年11月 9日発売
本体1,800円+税
高等学校における特別支援学校の
分校・分教室 全国の実践事例23

2017年10月 5日発売
本体2,400円+税
「気になる」子ども
保護者にどう伝える?

2017年 9月13日発売
本体1,700円+税
「困り」解消!
小学校英語ハンドブック

2017年 9月11日発売
本体2,200円+税
職業学科3校合同研究実践事例集
地域と共に進めるキャリア発達支援

2017年 8月24日発売
本体1,800円+税
ハマの大学!
学長のおさらい

2017年 8月21日発売
本体1,650円+税

パブリシティ情報

英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link