新たな肢体不自由教育実践講座

特別支援教育に向けた

新たな肢体不自由教育実践講座

著者名 全国肢体不自由養護学校長会 編著
ISBNコード ISBN978-4-921124-47-2 C3037 \2381E
判型/頁 B5判/370頁
発売日 2005年 8月
定価
全国の肢体不自由特別支援学校から寄せられた36の指導実践概要を指導上の課題ごとに編集し、基礎理論と実践を紹介。指導現場で今すぐ活用できる内容です。資料として「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」「特別支援教育を推進するための制度の在り方について(中間報告)」「障害者基本計画4.教育・育成」「重点施策5か年計画6.教育・育成」「盲・聾・養護学校におけるたんの吸引等の取り扱いについて(協力依頼)」を収録。

  • はじめに
  • 平成14年11月に、「新たな課題に応えるための肢体不自由教育実践講座」を全国肢体不自由養護学校校長会が編集しジアース教育新社から発刊して2年半が過ぎました。
  • この間、「新たな課題に応えるための肢体不自由教育実践講座」は、全国の各学校の指導実践の場で大いに活用され肢体不自由教育における専門性を高め、実践例を共有することに大きな役割を果たしてまいりました。
  • また、翌年の平成15年3月には、「今後の特別支援教育の存り方について(最終報告)」が提言され、「特殊教育」から「特別支援教育」へ転換を図るという方向性が示された年となりました。
  • これまでの「特殊教育」を継承・発展させながら、「特別支援教育」へと大きく転換し、障害のある子ども一人一人のニーズに応じた教育の推進や、地域において生涯にわたり支援体制を整備していくことが重要な課題となってまいりました。
  • これまで、国及び各都道府県教育委員会はじめ小学校・中学校、そして各肢体不自由養護学校等において、特別支援教育に向けた様々な報告・提案・取組が行われてきたところであります。
  • この度、当校長会では全国の肢体不自由養護学校から69本の指導実践概要についてご応募いただき、その中の36編を編集し肢体不自由教育実践講座パートIIとして『特別支援教育に向けた新たな肢体不自由教育実践講座』と題し発刊することとなりました。
  • 発刊に当たっての趣旨は、(1)特別支援教育の一層の推進発展を図る内容であること、(2)肢体不自由教育の専門性の向上を図る内容であること、(3)指導上の基礎理論と実践の紹介を図り共有できる内容であること、(4)各地域の研究協議会や全国肢体不自由研究協議会等において活用できる内容であることと設定し、I 「特別支援教育時代を迎えた肢体不自由教育の課題」 II 「地域における特別支援教育のセンター的役割」 III 「個別の教育支援計画」 IV 「総合的な学習の時間」 V 「自立活動」 VI 「教科の学習」 VII 「健康安全」 VIII 「コミュニケーション」 IX 「訪問教育」 と特別支援教育に向けた新たな今日的課題ごとに編集致しました。
  • 新たな課題ごとの基礎的理論と先駆的先進校の具体的指導実践の中から、各学校ができるところから取り入れていくための参考になれば幸いであります。
  • 一方、それぞれの学校における先駆的方向性をもった取組は、校内だけに止めておくのではなく、全国に向けて積極的に発信していくことも大切なことであります。その取組は外部から評価され、更なる改善工夫を施すことにより一層の充実発展を促し、その学校の存在意義を高めることとなります。
  • 特別支援教育の一層の推進に向けて、指導実践の「収集」と「発信」を重ねていくことが大変重要かと思います。本書がその一助となればと思っております。ご協力いただいた全国の各学校の関係者に感謝申し上げます。
  • 編著者代表・全国肢体不自由養護学校長会長  伊東 光雄
  •  
  • 目次
  • 第1章 特別支援教育時代を迎えた肢体不自由教育の現状と課題
  • 第2章 地域における特別支援教育のセンター的役割
  • 総 論 養護学校の地域における特別支援教育のセンター的役割
  • 事例1 市立肢体不自由養護学校におけるセンター的役割
  • ―川西養護学校教育相談部の取り組み―
  • 事例2 地域におけるセンター的役割として
  • ―肢体不自由を伴う小学校在籍児童への支援の実際について―
  • 事例3 支援の充実を図る取組について ―センター機能の充実と「校内支援」の充実―
  • 事例4 地域におけるセンター的役割 ―盲・ろう養護学校の連携を基盤として―
  • 事例5 センター的役割を目指しての校内組織の改善と整備
  • 第3章 個別の教育支援計画
  • 総 論 個別の教育支援計画
  • 事例1 連携と強力を深める個別の教育支援計画
  • 事例2 児童生徒のライフステージに即した個別の教育支援計画作成の取り組み
  • 事例3 長期的視点を入れ、個別指導計画を縦へバージョンアップ!
  • ―卒業後の姿をイメージして、目標設定から授業実践まで―
  • 事例4 「個別の指導計画」の授業への活用と見直しの方法について ―K児の指導を通して―
  • 事例5 「個別移行支援計画」による進路指導の推進と地域社会資源のネットワークづくり
  • ―Cさんの進路の自己選択・自己決定につながる支援―
  • 第4章 総合的な学習の時間
  • 総 論 総合的な学習の時間
  • 事例1 「総合的な学習の時間」の実際 ―総合的な学習の時間の評価の工夫―
  • 事例2 総合的な学習の時間の「拓北タイム」 ―5年間の実践の成果と課題―
  • 事例3 フィールドトリップで生徒が変わる ―共に学ぶ総合的な学習の時間―
  • 第5章 自立活動
  • 総 論 自立活動
  • 事例1 自立活動における集団活動の評価 ―複数教師の評価の一致度を手がかりにして―
  • 事例2 感覚を育てる指導 ―触覚防衛を軽減させ、周りの世界との関係を築く―
  • 事例3 重複障害(肢体不自由・視覚・知的)を有する生徒の音源を活用した探索行動の拡大から自立歩行へ向けた取り組み
  • 事例4 「身体の動き」における指導目標の設定 ―達成可能な指導目標―
  • 事例5 自立活動における医療スタッフとの連携を生かした指導方法の創意工夫
  • 事例6 自立活動の時間の指導 ―「からだの学習」・「プール学習」の運営の仕方について―
  • 第6章 教科の学習
  • 総 論 教科の学習
  • 事例1 視知覚の発達につまずきのある児童の書写指導 ―学習レディネスと教科をつなぐ―
  • 事例2 自己評価活動を生かした算数科の指導
  • 事例3 適切で子どもの次の意欲につながる評価の工夫
  • 事例4 繰り上がりの壁を越える ―特別な支援を要する生徒への計算指導―
  • 事例5 筋緊張を緩めてより豊かな自己表現を目指して ―楽器とのかかわりをとおして―
  • 第7章 健康安全
  • 総 論 医療的ケアの課題を、多様な視点で考える
  • 事例1 医療的配慮の必要な児童生徒にかかわる取り組み ―医療的ケアと危機管理―
  • 事例2 生命保持活動への教育的挑戦 ―経管から経口(普通食)まで―
  • 事例3 子どもたちに笑顔がふえるといいな ―本校における医療的ケアの実践―
  • 事例4 教育の延長線上にある医療的ケア ―重度重複障害児の医療的ケアと教育内容―
  • 第8章 コミュニケーション
  • 総 論 コミュニケーション支援
  • 事例1 子どものおもいをかなえる指導の工夫
  • ―e-AT(電子情報支援技術)を応用した教材・教具の活用―
  • 事例2 重度児へのコミュニケーション支援とMRI画像診断
  • ―臨床像が脳画像診断で裏付けられた支援事例の紹介―
  • 事例3 ネットワークを使った在宅訪問の生徒への遠隔授業
  • ―テレビ電話と学びの共同体「チャレンジキッズ」を活用した遠隔共同学習―
  • 事例4 一人一人に応じた、より使いやすい入力スイッチの開発とその活用
  • 第9章 訪問教育
  • 総 論 訪問教育について
  • 事例1 訪問部卒業後の心のふれあいを求めて
  • ―千葉県立松戸矢切高校福祉教養科との交流活動―
  • 事例2 次はいつ来るの? ―子どもから深まった交流授業―
  • 事例3 岸和田養護学校の訪問教育
  • ―重度重複障害のある児童生徒への特別支援教育のあり方を求めて―
  • 事例4 児童生徒の実態に対応する教育内容や方法の充実を図るにはどうすればよいか
  • ―訪問教育高等部段階における指導内容の検討―
  • 資料編 
  • 1.今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)
  • 2.特別支援教育を推進するための制度の在り方について(中間報告)
  • 3.障害者基本計画 『4.教育・育成』
  • 4.重点施策5か年計画 『6.教育・育成』
  • 5.盲・聾・養護学校におけるたんの吸引等の取り扱いについて(協力依頼)

新刊書籍

キャリア発達支援研究 4
 

2017年12月13日発売
本体2,000円+税
新時代の知的障害特別支援学校の
図画工作・美術の指導

2017年11月25日発売
本体2,300円+税
授業で生きる 知覚
−運動学習

2017年11月15日発売
本体2,300円+税
肢体不自由教育における
子ども主体の子どもが輝く授業づくり

2017年11月13日発売
本体2,400円+税
授業力向上シリーズNo.5
思考力・判断力・表現力を育む授業

2017年11月 9日発売
本体1,800円+税
高等学校における特別支援学校の
分校・分教室 全国の実践事例23

2017年10月 5日発売
本体2,400円+税
「気になる」子ども
保護者にどう伝える?

2017年 9月13日発売
本体1,700円+税
「困り」解消!
小学校英語ハンドブック

2017年 9月11日発売
本体2,200円+税
職業学科3校合同研究実践事例集
地域と共に進めるキャリア発達支援

2017年 8月24日発売
本体1,800円+税
ハマの大学!
学長のおさらい

2017年 8月21日発売
本体1,650円+税

パブリシティ情報

英語教育2017年12月号
(大修館書店)
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブック』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link