「拡大教科書」作成マニュアル

拡大教科書作成へのアプローチ

「拡大教科書」作成マニュアル

著者名 独立行政法人 国立特殊教育総合研究所 編著
ISBNコード ISBN4-921124-34-5 C3037 \1810E
判型/頁 A4判/80頁
発売日 2005年 1月
定価
「拡大教科書」は視覚に障害がある子ども達の教育を効果的に進めるための教科書です。本書は、従前の「拡大教科書」作成に関して調査・研究し、明らかになった「拡大教科書」を作成する際のノウハウについてまとめたものです。

  • ご案内
  • この拡大教科書作成マニュアルは、独立行政法人国立特殊教育総合研究所がプロジェクト研究の一環として取り組んできました「弱視児の視覚特性を踏まえた拡大教材に関する調査研究 ―弱視用拡大教材作成に関する開発及び支援について―(14年度〜15年度)」の研究成果から、「拡大教科書」を作成する際のノウハウについてまとめたものです。
  • 本拡大教科書作成マニュアルは、従前に刊行されている国語、算数、数学の「拡大教科書」のノウハウを引き継ぎながら、社会、理科の「拡大教科書」作成に関する調査・開発研究の中で明らかになった「拡大教科書」作成のノウハウについてまとめたものです。したがって、国語、算数、数学などの他の教科についても十分応用できるものであります。
  • 本書は、教師の教材作成の手引きとして、そして、拡大写本ボランティアの作成マニュアルとしてだけでなく、教科書会社が教科書を編集・作成するときの資料としても活用していただければ幸いです。
  • 「はじめに」より一部抜粋
  •  
  • 目次
  • 第1章 弱視児童生徒への教育上の配慮
  • 1.弱視児童生徒とは
  • 2.行動の理解と配慮の必要性
  • 第2章 弱視児童生徒に配慮した教材とは
  • 1.見えやすい環境条件の整備
  • 2.「拡大教科書」の必要性
  • 第3章 これまでの取り組みと今後の課題
  • 1.「拡大教科書」作成の経緯
  • 2.拡大教材の課題とその対応
  • 第4章 作成の基本事項
  • 1.基本的な方針
  • 2.編集の原則と編集上の制限
  • 3.作業の分担と共同作業の重要性
  • 4.教科に即した編集作業の重要性
  • 第5章 作成の手順の詳細
  • 1.素材準備―原本のデータ化―
  • 2.第1校から決定校作成および発行仕様決定までの手順
  • 3.印刷・製本
  • 4.出荷
  • 第6章 編集の基本方針
  • 1.基本事項
  • 2.字体、大きさ、字間、行間
  • 3.文字、写真・図などの配色、明度、コントラスト
  • 4.レイアウト(各要素の配置)
  • 5.写真、図などの拡大の方針
  • 第7章 文字、写真・図などの編集方針
  • 1.文字データの編集
  • 2.写真と図の編集
  • 第8章 表、グラフ、地図などの編集方針
  • 1.表
  • 2.グラフ
  • 3.地図
  • 4.年表
  • 5.天気図
  • 6.天体図
  • 7.フォローチャート
  • 第9章 その他の編集上の配慮事項

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link