視力 0.06の世界 見えにくさのある眼で見るということ

視力 0.06の世界

見えにくさのある眼で見るということ

著者名 元 全国特殊学校長会会長・元 全国盲学校長会会長 小林 一弘
ISBNコード ISBN4-921124-18-3 C3037
判型/頁 四六判/205頁
発売日 2003年 8月
定価
弱視者の家族や保育・教育・福祉等に携わっている人、弱視者と職場を同じにしている人、同僚や上司といった弱視者の周辺の人たちにぜひ読んで欲しい弱視者理解のための本です。

  • 推薦の言葉
  • 弱視のお子さんを診察するとき、家族の方や学校の先生に、「どのように見えているのでしょう」と質問されることがしばしばあります。毎度のことですが、一瞬言葉を失ってしまいます。その後、おもむろに、視力や視野の障害の程度に応じて説明するのですが、なかなか理解してもらえません。その答えが、この度ジアース教育新社から出版された小林一弘先生のご著書の中にあります。
  • 先生が最初に書かれておられますように、ご自身の弱視の状態を質問されても、一言や二言ではとうてい説明できるものではなく、大変困られたそうです。その経験から、弱視の持つ様々な自覚症状を、事細かに記載されておられます。先生の目の状態は、視力障害だけでなく、色覚や光覚の障害、眼球振盪も加わっているというように、大変多彩な症状がある眼疾患です。また、強度の屈折異常を伴い、さらに網膜剥離の手術の経験もあり、視野の異常も体験されています。弱視でこのように多彩な症状を持っておられる方はおりませんので、この本を読めば、弱視の見え方はすべて理解できるようになります。
  • さて、先生と私は、現在は患者さんと主治医という関係ですが、実は、私が昭和43年5月、東京都立葛飾盲学校の眼科の校医をお引き受けした時に、先生は葛飾盲学校で教鞭を執っておられ、その後、教育大附属盲学校、久我山盲学校を経て葛飾盲学校の校長先生として再びご一緒になったと言うように、非常に長いお付き合いなのです。その間、お仕事の上では、一度も先生の目が悪いということを意識したことはありません。先生は、何気なく普通に受験して東京都立戸山高等学校に合格したと書かれています。学区は異なりますが、同時代に都立高校を受験した私にとって想像を絶するものです。なぜなら、当時は共通のアチーブメントテストを受ける必要があって、しかも、戸山高校に合格するには、全科目満点に近い成績でなければならなかったのです。あの目の状態で、人並み以上のお仕事をされ、また、多彩な趣味の世界でも充実した生活を送っておられることを、本書で改めて知り感動しています。
  • 本書が、弱視教育に携わっておられる先生方だけでなく、眼科医が、弱視のお子さんの見え方を聞かれた時、うろたえることなく答えられることに、役立つものと推薦いたします。
  • 平成15年6月
  • 帝京大学名誉教授 久保田伸枝
  •  
  • 目次
  • 第1章 見えることは凄いこと
  • 1.見えることの凄さを知らずに育つ
  • 2.ものを見分けるのに時間がかかる
  • 第2章 私の視覚障害
  • 1.目を細めて見る
  • 2.眼球振盪付きの視力
  • 3.自分の視力の限界を知る
  • 4.地図は弱視の必需品
  • 5.色覚障害の色の見え方
  • 6.色がわからなくての失敗
  • 7.人の眼を借りて色を見る
  • 8.羞明があるということ
  • 9.遠近調節のできない眼
  • 第3章 視覚補助具の力を借りて
  • 1.補助具でカバーできるもの
  • 2.常用している手持ちのルーペ
  • 3.外出に欠かせない単眼鏡
  • 4.羞明防御のサングラス
  • 第4章 通常の小・中・高等学校に学ぶ
  • 1.教壇が私の机だった
  • 2.漢字でのつまづき
  • 3.得意だった算数・数学
  • 4.嫌いではなかった地図の学習
  • 5.苦手だった体育
  • 6.毛筆の穂先が見えなくて
  • 7.立体感を学んだ図工・美術
  • 8.課外活動でのつまづき
  • 第5章 弱視眼は健康のバロメーター
  • 1.桑原先生・大山先生の助言
  • 2.定年間際の網膜剥離
  • 3.視覚障害の自己管理
  • 第6章 障害受容は家族と共に
  • 1.両親や弟たちはどれだけわかっていたか
  • 2.結婚と家庭生活
  • 3.子どもたちの受けとめ方
  • 4.弱視児を持つ家庭の理解
  • 第7章 趣味は命の潤い
  • 1.社会人になってからの趣味生活
  • 2.囲碁の面白さを知る
  • 3.新劇を楽しむ
  • 4.書道に挑む
  • 5.俳句に遊ぶ
  • 第8章 私の社会参加
  • 1.東京都就学相談室勤務の経験から
  • 2.大勢の人の前で
  • 3.弱視のコミュニケーション障害
  • 4.障害を鏡として生きる
  • 第9章 弱視児の教育に望む
  • 1.一人ひとりを大事に
  • 2.ロービジョン的な発想での理解を
  • 3.弱視児と探す教材・教具
  • 4.見やすさのある環境づくり
  • 5.障害を生かして生きる生き方を

New Books

教育オーディオロジー
ハンドブック

2017年 4月 5日発売
本体2,500円+税
病気の子どもの
教育支援ガイド

2017年 3月30日発売
本体2,000円+税
特別支援学校のすべてがわかる
教員をめざすあなたへ

2017年 3月25日発売
本体2,000円+税
主体的に学ぶ
養護実習ガイドブック

2017年 3月 1日発売
本体2,000円+税
介護現場のリーダー
お助けブック

2017年 2月22日発売
本体1,700円+税
聴覚障害児の発音・発語指導
―できることを、できるところから―

2017年 2月13日発売
本体2,500円+税
国立大学法人法コンメンタール 改訂版
 

2017年 2月 6日発売
本体6,250円+税
5歳アプローチカリキュラムと
小1スタートカリキュラム

2017年 1月25日発売
本体2,400円+税
自立活動の理念と実践
 

2016年12月 5日発売
本体2,200円+税
キャリア発達支援研究 3
 

2016年12月 5日発売
本体1,800円+税

Publicity

2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link