視覚障害教育入門Q&A

視覚障害教育入門Q&A

確かな専門性と真剣な授業の展開のために

著者名 全国盲学校長会 編著
ISBNコード ISBN4-921124-04-3 C3037 \1905E
判型/頁 B5判/168頁
発売日 2000年 9月
定価
視覚障害教育の基本をQ&A形式でわかりやすく解説。全国の盲学校の校長、教頭、教師を中心に大学や研究機関等の指導者、実践研究者55名が、視覚障害教育の一層の発展・普及を願い渾身の執筆。点字の読み方一覧表付。

  • 発刊に当たって
  • 全国盲学校長会長 皆川春雄
  • 「・・・・・・ご承知の通り、盲学校における在籍児童生徒数は年々減少し、重複障害の子どもたちが多くなっております。地域の学校での教育を希望する視覚障害児の保護者も多くなりつつあります。教職員の異動のめまぐるしさは、盲学校も例外ではなくなりました。このような現状から、これまで120年にわたって積み重ねられてきた視覚障害教育の内容や方法についての専門性が継承されにくくなってきております。
  • 私どもは、視覚障害教育の専門性の維持と一層の発展・普及とを願ってこの企画を立てました。どのような教育の場で学習する児童生徒に対しても、視覚障害について充分配慮された環境が用意され、質の高い教育がなされるべきであると考えるからです。・・・・・・」
  • これは、本書の企画趣意書からの抜粋です。全国の盲学校長の集まりであります全国盲学校長会がこのような願いを持ち、企画を暖め始めて5年以上になります。その後、機が熟して編集委員会を結成し、実質的な活動を始めたのはさらに2年後、平成10年4月18日でありました。本書完成までに3年を要しております。この間、既に退職された校長先生を含めて10名の編集委員は、ボランティアとして本書にかかわる一切に携わってくださいました。心から感謝申し上げます。また、本書は企画の段階から、全国盲学校の校長・教頭や教諭を中心に大学・研究機関等で視覚障害教育の指導や研究に携われた方々に手分けして執筆をお願いすることにしておりました。企画の趣旨にご賛同くださり、貴重な時間を執筆に割いてくださった、実に多様で専門性豊かなこれらの方々にも、実際にはボランティアとして参加をしていただきました。心から感謝申し上げます。
  • 本書が視覚障害教育に携わる教育関係者や保護者ばかりでなく、これからの課題の一つであるボランティア教育や福祉教育、交流教育等に関心のある多くの方々に迎えられ、何らかの参考になりますならば望外の幸せです。
  • 教師は学ばなければならない、しかも教える者は教わる者よりも深く学ばなければならない、と言われております。また、「すべての子どもは学びたがっている。学ぶことは変わることである。」と言ったのは、自らも授業行脚をよく行った元宮城教育大学長の林竹二氏です。この言葉は、教師や関係者が目の前の児童生徒をまず、どのように見るべきかを教えており、また児童生徒一人一人の内なる成長への欲求を明確に代弁しております。同時に、教師の行う授業についても強烈に反省を迫っており、教師の研究や研修の動機もまたここに根ざすことを教えております。
  • 私どもは、学びたいという願いを持っている児童生徒に、今後も視覚障害の専門性と真剣な授業をもって応えたいと思います。本書がこのための一助になることを心から願うとともに、関係各方面からのご指導ご鞭撻を切にお願い申し上げます。
  • 本書の刊行にあたって、文部省初等中等教育局視学官・鈴木篤先生に懇切なるご指導をいただきました。また、ジアース教育新社加藤勝博氏には、企画の段階から出版に至るまで、細部にわたってお世話になりました。記して深甚なる謝意を表します。
  •  
  • 目次
  • ◆点字の日本語への翻案
  • 1章 視覚障害児童生徒の理解のために
  • Q1 視覚障害教育の対象者と目標について教えてください。
  • Q2 視覚障害の原因と疾患にはどのようなものがありますか。
  • Q3 視機能検査の種類や方法にはどのようなものがありますか。
  • Q4 児童生徒の実態把握はどのようにしたらよいでしょう。
  • Q5 重複障害児の実態把握はどのようにしたらよいでしょう。
  • Q6 弱視児の実態を把握する上で特に留意しなければならないことはどんなことですか。
  • Q7 心理学的な諸検査にはどのようなものがありますか。
  • Q8 盲学校で行う教育相談について説明してください。
  • Q9 児童生徒の視覚障害を理解するというのはどのようなことですか。
  • ◆視覚障害疾患の今昔
  • 2章 視覚障害教育の望ましい内容と方法
  • (1)基礎
  • Q10 児童生徒の多様化に即した教育課程はどうあるべきなのでしょうか。
  • Q11 個性を伸ばす個別の指導計画とはどのようなものでしょうか。
  • Q12 少人数化に応じた指導はどのようにしたらよいでしょうか。
  • Q13 望ましい弱視学級にするにはどんな配慮が必要でしょうか。
  • Q14 生きる力をつけていく道徳指導の要点は何でしょうか。
  • Q15 「自立活動」領域の性格と指導上配慮すべき要点は何ですか。
  • Q16 歩行指導の方法や用具について知りたいのですが。
  • Q17 触知覚に関する基礎的な知識を知りたいのですが。
  • Q18 触覚による観察で配慮すべきことはどんなことでしょうか。
  • Q19 点字の効果的な指導法をしりたいのですが。
  • Q20 特別活動を魅力的なものにするためにどんな工夫が必要でしょうか。
  • Q21 楽しい寄宿舎にするためにはどうすればよいのですか。
  • Q22 生活指導で特に配慮しなければならないのはどんなことですか。
  • Q23 中途視覚障害児の児童生徒に対して配慮しなければならないことにはどんなことがありますか。
  • Q24 最近の視覚障害者のための教育機器にはどのようなものがありますか。
  • Q25 弱視児(者)のための教育機器や教材にはどんなものがありますか。
  • Q26 視覚障害者はパソコンをどのように活用しているのでしょうか。
  • Q27 交流教育の目的や交流の実際について説明してください。
  • (2)教科の指導法
  • Q28 言葉の指導の要点はどんなことですか。
  • Q29 地図などの指導はどのようにしたらよいでしょうか。
  • Q30 図形や珠算の指導はどのようにしたらよいでしょうか。
  • Q31 実験や観察の指導で、留意しなければならないのはどんなことですか。
  • Q32 運動や動作の指導はどうしたらよいでしょうか。
  • Q33 小人数化や多様化に応じた音楽の指導はどうしたらよいでしょうか。
  • Q34 図工や美術ではどのような内容を指導したらよいでしょうか。
  • Q35 調理実習、被服の選び方、育児の指導はどのように計画したらよいでしょうか。
  • Q36 木材加工の指導をどうしたらよいでしょうか。
  • Q37 英語点字の読み書きの指導、特に点字略字の指導はどのように行うのですか。
  • Q38 弱視児の文字の読み書きで配慮することはどんなことでしょうか。
  • Q39 弱視児の算数の指導で、作図・測定に関してどのような配慮が必要ですか。
  • Q40 弱視児に対する体育の指導で特に配慮しなければならないことはどんなことでしょうか。
  • (3)重複障害教育の実際
  • Q41 重複障害児の自立をどう考えて目標を立てたらよいでしょうか。
  • Q42 重複障害児の教育内容を、どのように考えたらよいのでしょうか。
  • Q43 重複障害児の日常生活の指導の要点を教えてください。
  • Q44 重複障害児の教科指導の要点を教えてください。
  • Q45 重複障害児のコミュニケーションの指導はどのように展開したらよいでしょうか。
  • Q46 自傷行為などの「問題行動」についてはどのように指導したらよいでしょうか。
  • Q47 聴覚障害をともなう重複障害児の指導の要点を教えてください。
  • Q48 肢体不自由をともなう重複障害児の指導の要点を教えてください。
  • (4)早期教育
  • Q49 なぜ、0歳からの最早期教育が必要と言われているのでしょうか。
  • Q50 幼児の早期教育の教育課程はどのようなものですか。
  • Q51 小学部に就学するに当たっての留意点について教えてください。
  • (5)進路指導
  • Q52 小・中・高の各学部での進路指導上の留意事項にはどんなことがありますか。
  • Q53 視覚障害者に適している職業にはどんなものがありますか。
  • Q54 あん摩・マッサージ・指圧、はり、きゅう課程の説明をしてください。
  • Q55 「理療科」「保険理療科」の卒業後の進路はどのようになっていますか。
  • Q56 あん摩・はり・きゅう以外の職種の開拓はどのようになっていますか。
  • Q57 現場実習の実際と留意事項について教えてください。
  • Q58 重複障害をともなう生徒の進路指導はどのように行えばよいのですか。
  • ◆杉山和一検校について
  • 3章 視覚障害教育を支えるもの
  • Q59 盲学校が視覚障害教育のセンター的機能を持つとはどんなことですか。
  • Q60 障害児の理解推進事業をどのように進めたらよいでしょうか。
  • Q61 視覚障害者に対する大学の受け入れ体制と入学試験の点訳について知りたいのですが。
  • Q62 視覚障害者の大学進学のための学習支援と就職状況はどのようになっていますか。
  • Q63 重複障害生徒のための通所や入所の福祉施設の現状について教えてください。
  • Q64 就学奨励費について説明してください。
  • Q65 身体障害者手帳と関連する福祉制度について説明してください。
  • Q66 視覚障害者と関連のある教育や福祉の諸団体にはどんなものがありますか。
  • Q67 眼科医との連係に当たっては、どんなことに留意したらよいでしょうか。
  • Q68 父母や家族との連携に当たって留意すべき点はどんなことですか。
  • Q69 企業が視覚障害者を雇用した場合の助成制度について説明してください。
  • Q70 諸外国の視覚障害教育の現状について教えてください。
  • ◆盲目の学者・塙保己一
  • 4章 教育実践をさらに深めるために
  • (1)参考文献
  • (2)参考資料
  • 1.盲学校の学校数・学級数・在学者数の現状
  • 2.弱視学級(固定・通級合計)の学級数・在学者数の現状
  • 3.盲学校年度別在学者数の推移
  • 4.盲学校年度別教員数の推移
  • 5.通級指導の児童生徒数の推移
  • 6.都道府県別弱視通級指導教室設置校
  • 7.都道府県別弱視特殊学級設置校数
  • 8.盲・聾・養護学校の学級編成基準改善の推移
  • 9.盲学校高等部(本科)卒業者の進路
  • 10.身体障害児数の年次推移
  • 11.大学入学者数の推移
  • 12.大学卒業者の就職状況の推移
  • ◆点字の読み方一覧表
  • ◆執筆者一覧(五十音順)

New Books

知的障害特別支援学校の
未来志向の学校づくり

2017年 6月21日発売
本体1,800円+税
発達障害のある児童・生徒のための
キャリア講座教材集

2017年 6月15日 発売
本体2,200円+税
国際バカロレアの現在
 

2017年 6月14日発売
本体2,200円+税
中学校・高等学校
発達障害生徒への社会性指導

2017年 5月25日発売
本体2,000円+税
「子どもが主人公」の保育 ―どの子も輝くインクルーシブな園生活づくり―
2017年 5月18日発売
本体1,700円+税
職人技に学ぶ
気になる子を確実に伸ばす特別支援教育

2017年 5月 9日 発売
本体2,000円+税
特別支援教育の進め方(4)
保護者や地域の理解を進めるために

2017年 5月 8日発売
本体2,000円+税
PTA防災実践事例集
自然災害からの学びと教訓

2017年 5月 3日発売
本体2,000円+税
教育オーディオロジー
ハンドブック

2017年 4月 5日発売
本体2,500円+税
病気の子どもの
教育支援ガイド

2017年 3月30日発売
本体2,000円+税

Publicity

2017/03/02
「リハビリテーション」2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
2017/03/02
肢体不自由教育229 2017.3.10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2017/01/30
日本教育新聞2017.1.30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
2017/01/26
肢体不自由教育224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
2017/01/26
肢体不自由教育227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
2017/01/26
肢体不自由教育228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
2017/01/26
特別支援教育研究2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
2017/01/26
東京新聞2017.1.24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『ぱれっと(PALETTE)』
2016/10/24発売
日本教育新聞 書評
『知的障害教育における学習評価の実践ガイド』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『PTA90事例 ―日本全国! PTA活動運営事例集―』
2016/10/05更新
菊池桃子オフィシャルブログ「私設 研究室」に掲載されました。
『今すぐ役立つ PTA応援マニュアル』
2016/09/24発売
読売新聞朝刊「くらし面」記事
『見てわかる意思決定と意思決定支援』
2016/01/23
東京新聞・朝刊/くらし面「新刊紹介」記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2016/03/07発売
教育学術新聞 3月2日号 「新刊紹介」記事
『日本の大学の系譜』
2015/08/29
産経新聞ニュース(ニュースウェブサイト)記事
『よこはまist.』
2015/08/23
読売新聞 本よみうり堂 書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/01
SankeiBiz(サンケイビズ)書評
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
2015/08/12
8月12日発売 読売新聞朝刊 くらし家庭欄 記事
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link