知的障害教育の むかし 今 これから

知的障害教育の むかし 今 これから

著者名 帝京大学教授・前 全国特殊学校長会会長 大南英明
ISBNコード ISBN4-921124-02-7 C3037 \2667E
判型/頁 A5判/384頁
発売日 1999年 4月
定価
知的障害教育の入門書。1950年代から今日までの、知的障害教育の大きな流れに沿いながら、基本的な考え方、具体的な指導の展開等について論じます。「知的障害教育のあゆみ」「知的障害教育の実践」「これからの障害児教育を考える」の三つの柱にまとめてわかりやすく解説します。

  • ご案内
  • 「しいのみ学園」(山本二郎・昇地三郎著〉を読みながら、知的障害児との出会い、その教育に一抹の不安と夢を抱いていたのが、昭和35年3月末のことである。そして、4月、中学校特殊学級の担任として、学級の生徒と初顔合わせをしてから29年の歳月が経過している。
  • この間、養護学校学習指導要領の制定、東京都における障害児希望者全員就学の実施、養護学校教育の義務制の実施、学校週五日制の導入、通級による指導の実施、高等部における訪問教育の試行的実施など、特殊教育の分野だけでなく、学校教育全般にわたる大きな出来事がいくつもあった。
  • 私的にも、三鷹市から墨田区への異動、中学校から小学校へ、さらに養護学校への異動もあった。文部省内地留学生として東京教育大学(現筑波大学)で1年間研究生生活を送ったこと、東京都の障害児希望者全員就学に際して就学相談を担当し、都内各地で多くの障害児とその保護者に出会ったことなどはその後の私の教育観、障害観に大きな影響を及ぼしたと考えられる。
  • 文部省教科調査官としての10年間は国際障害者年の諸行事に始まり、養護学校教育の義務制実施後の知的障害教育の整備、充実に係る事業を担当した。教科書、指導書の編集、手引等の作成、全国各地での講習会、研究会、研修会等への参加など貴重な体験を数多くし、そのことが今の仕事内容にもつながっている。
  • 都立青鳥養護学校では、校長として本校(高等部、寄宿舎)、分校(小・中学校)、分教室(小・中学校、病院との連携)の経営に当たった。4年の間に都市園芸科の設置、50周年記念事業の実施、給食調理業務等の民間委託など、他の学校では経験のできない貴重な体験、50年の歴史に残る出来事があった。
  • 39年を振り返って「知的障害教育 むかし 今 これから」をまとめた。
  • 本書の内容は、「21世紀のエルピス」を除くとこれまでに「精神薄弱児研究」、「発達の遅れと教育」、「実践障害児教育」等に執筆したもので、”知的障害教育のあゆみ”、”知的障害教育の実践”、”これからの障害児教育のあり方を考える” の三つの柱にまとめた。
  • 中央教育審議会、教育課程審議会、教育職員養成審議会の答申等が出され、学校教育全体が大きく変わろうとしている。知的障害教育もその大きな渦の中で動いていくこととなる。
  • 本書がこれからの知的障害教育の充実、発展に少しでも役立つことになれば望外の幸である。
  • 本書をまとめるに当たって、全国知的障害養護学校長会会長宮崎英憲先生、都立墨田養護学校長山口勇先生、東京都教育庁人事部管理主事・前都立しいの木養護学校長山口幸一郎先生をはじめ、多くの校長先生方にご指導、ご支援をいただいた。心からお礼を申し上げる次第である。
  • 本書の出版に当たっては教育新社社長加藤勝博氏にいろいろな面でご助言、ご支援をいただいたことを心から感謝する次第である。
  • 平成11年4月
  • 大南英明
  •  
  • 目次
  • 知的障害教育のあゆみ
  • 21世紀のエルピス
  • みなさんに夢を託して/六領域案から学習指導要領の制定へ
  • 知的障害教育の実践
  • 基本的な考え方
  • 心身障害教育の本質/生きる力をはぐむ障害児教育/教育課程の編成と日課表/学校行事/社会参加・自立を目指した職業教育/地域に根ざした学校生活づくり/心身障害教育における今日的課題/障害者と人権/教職員の専門性を高める研修/特殊教育と学校週五日制/就学のしくみ/就労の意義と課題
  • 具体的な指導の展開
  • 子供の意欲を大切にした教育課程の編成/学習活動の統合化/日常生活の指導を進めるために/一人通学指導のすすめ/調理学習のすすめ/いろいろな生活単元学習/作業学習を中核とした教育活動の展開と工夫/盲・聾・養護学校における進路指導について/職業教育と進路指導/作業学習の進め方/重度の子どもと作業学習/木工作業と作業学習/遊びの指導のあり方/卒業後指導の計画の立て方/地域生活を広げる/全国の青年学級の動きと展望/地域社会に生きるには/余暇利用と成人精神薄弱者の生活
  • 提言・意見
  • 働く生活を大切に/一人一人にふさわしい指導を/個別指導に視点を/卒業生の社会生活に学ぼう/本人の考え、思いを大切に/「生きる力」は教師にも必要である/特殊学級経営の課題と展望/特殊学級の教育の現状/21世紀の特殊教育と教頭の課題/教育の転換期にどのように対処するのか/軽度知的障害の児童生徒の教育を見直す/Q&Aここが知りたい/教師実務のQ&A
  • これから
  • 障害児教育のあり方を考える
  • 教育課程審議会答申/教育行政の柔軟な支援活動/高等部における訪問教育の展望/職業教育の意義と問題点/障害をあわせもつ子どもの授業づくり
  • コラム
  • 絆(きずな)/PTA活動の望ましい姿/自立を考える/お母さんの不思議/「生きる力」を考える

新刊書籍

パブリシティ情報

朝日新聞北海道版
2017/11/07 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
北海道新聞
2017/09/23 朝刊 記事
『「困り」解消! 小学校英語ハンドブッ』
リハビリテーション
2・3月合併号 鉄道身障者福祉協会2017.3.1 本の紹介
『参加 −耳が聞こえないということ−』
肢体不自由教育
229 2017/03/10 図書紹介
『マンガ版 ビジネスマナー集 鉄太就職物語』
日本教育新聞
2017/01/30 書評
『特別支援教育における地域のトップリーダーを考える』
肢体不自由教育
224号 図書紹介
『あたらしいわたしたちのうんどう』
肢体不自由教育
227号 図書紹介
『特別支援学校の校長先生スピーチ集』
肢体不自由教育
228号 図書紹介
『障害の重い子どもの授業づくり PART6』
特別支援教育研究
2016.6 706号 図書紹介
『キャリア発達支援研究2』
特別支援教育研究
2016.8 708号 図書紹介
『全国の特色ある30校の実践事例集「通級による指導」編』
東京新聞
2017/01/24 新刊紹介
『見てわかる 意思決定と意思決定支援』

Pick Up

Information

Online Shop

書籍は次のネット書店でも購入することができます。
アマゾン
セブンネット

Link